日本のインターネットは、PCを所有する社会人層を中心として築かれている「PC文化圏」と、PCをあまり利用せず、携帯電話を中心にネットを使う若者を中心として築かれている「ケータイ文化圏」の2つの世界に大きく分かれていることはご存じだろうか(「MP3」と「着うた」、「mixi」と「モバゲータウン」の違い、と言えば分かりやすいだろうか)。そこで今回、話題のiPhone 3Gについて、筆者は後者のケータイ文化圏におけるネット文化を追いかけている立場上、あえて今回はケータイ文化圏の視点から見たiPhoneの印象を書いてみたいと思う。

予想以上にハードルが高い初期設定

 結論から先に言ってしまうと、ケータイ文化圏の立場からすると、iPhoneは「非常にハードルが高い端末」ということになる。大きな理由の一つは「PCがほぼ必須」ということだ。筆者はiPhoneを量販店で購入したのだが、購入後自身のPCにiTunesをインストールし、さらにiPhoneを接続してアクティベートを行わないと、大半の機能が(通話やメールですら)利用できないという状態であった。

 もっともソフトバンクショップで購入した人に聞いた所では、店頭でアクティベートしてもらえたとのことなので、必ずしも自身でアクティベートしなければならないわけではないようだ。だがそれでも、iPhoneを利用する上でPCのiTunesとの連携はほぼ必須であることに変わりなく、PCがなければiPhoneの機能をフルに生かすことはできない。PCを必ずしも所有しているとは限らないケータイ文化圏の人々にとって、ハードルが非常に高いことに変わりはないといえよう。

 もう一つは、日本の携帯電話では考える必要なく利用できる事柄を、一つずつ設定しないと利用できないということ。その代表例がEメールで、キャリアが提供するメールアカウントですら標準では設定されておらず、PCのメーラーと同じように、手動で登録しなければならない。こうした設定は、日本の携帯電話では必要とされないものであり、そうした行為に慣れていないケータイ文化圏の人々にとっては、大変な手間に感じてしまうことだろう。

筆者が購入した量販店で渡されたロック解除方法の用紙。購入してすぐに利用することが難しいことを物語っている(画像クリックで拡大)

Eメールの設定画面。キャリアが提供するメールアカウントも手動で登録する必要がある(画像クリックで拡大)