日本のケータイ関連企業は大きな再編へ

 世界では、このような通信ネットワークごとの融合や、そこに端末を提供するメーカーの考え方はもっと柔軟だった。ところが、わが国はサービスのすべてを統括する通信キャリアの力があまりに強く、そのため通信キャリアの元で端末を供給するメーカーや、販売を行う販売店の声はまったく反映されてこなかった。そのツケがこれから回ってくるのである。iPhoneのような国家や通信キャリアを超えたグローバルなブランドが、これから世界で台頭していく。iPhoneは端末の1つに過ぎないが、iPhone上で利用するコンテンツ・アプリケーションプラットフォームはオープンな環境で提供される。ここに様々なプレーヤーが参入していくことになる。アップルが1つの「課金・認証プラットフォーム」となるのである。

 同じ考え方で、モバイルサービスに参入しようとしている企業もある。それが「グーグル」である。グーグルは、自ら端末を製造しない代わりに、「アンドロイド」という端末プラットフォームを端末メーカーに提供すると宣言している。アンドロイドを搭載した端末が登場してくれば、そのプラットフォーム上で動作するコンテンツやアプリケーションは、間違いなくグーグル自ら課金・認証を行うことになろう。つまり、アップルに対抗できるプラットフォームとしてグーグル「アンドロイド」が君臨していくことが想定される。