つまらないケータイサービスに風穴を開ける

 わが国のケータイサービスは、通信キャリアが主導となり、通信キャリアの中ですべてが完結するビジネスモデルであった。すなわち、NTTドコモやKDDIといった通信キャリアが、ケータイ端末の企画から販売、コンテンツ流通に至るまですべてをセットにして提供してきた。端末メーカーや販売代理店が通信キャリアに従う形で、サービスを提供してきたのである。これはこれで、いわば「定食メニュー」のようお膳立てされた便利なケータイサービスが用意され、不都合なくケータイを利用できた。ところが、多くのユーザーが感じているとおり、気が付けば家計の中で家族全員の通信料は膨大な割合を占めるようになり、おまけにケータイ端末はどれも画一的で面白みを感じるものがほとんどないような、つまらないケータイサービスに成り下がっていた……。

 ここに風穴を開けてくれるのがiPhoneとなる。iPhoneはわが国の通信キャリアの息が掛かって企画・開発されたモデルではない。通信キャリアにとってメリットのある、従前のケータイ端末とは一線を画したモデルであるのだ。その証拠に、これまでのわが国のケータイ端末とはコンセプトも操作性も全く異なるものだ。折りたたみ形状ばかりのわが国のケータイ端末と違い、iPhoneはストレートでも大きいディスプレイを備え、ボタンがたった1個なのに、分かりやすく、マニュアルも不要な操作性を実現させている。