正式日本語版の登場でTwitterユーザー急増中

 ミニブログの代表「Twitter」にまた変化が起きつつある。きっかけは、4月23日から始まった正式日本語版サービスと、モバイル版(m.twitter.com)が日本語に対応したことだ。

 この2つのことが起爆剤となったらしく、Twitterユーザーがここに来て一段と増えている。明確な統計になっているわけではないものの、多数の「フォロー」を持つTwitterユーザーの発言を見ていくと、“mixi難民”や“2ちゃんねる難民”といった人々も「Twitter」に流れ込んでいるようだ。「mixi」のような濃い人間関係には疲れてしまう一方で、「2ちゃんねる」のように索漠としたコミュニティーも苦手という人には、「Twitter」が結ぶ軽い人間関係がちょうどいいのだろう。ほかのミニブログや「はてなダイアリー」といったコミュニティー志向の強いWebサービスからも“難民”が流れ込み始めているらしい。

 「Twitter」への関心の高まりを受けて、「Twitter入門」をテーマにしたブログ「シロクマ日報 > 日本語版から Twitter を始めた方に教えたい、3つのアドバイス : ITmedia オルタナティブ・ブログ」や「Twitterを始めたら知っておきたいこと - 北の大地から送る物欲日記」にも注目が集まっている。

日本語版「Twitter」では各種の表示が日本語化されたことに加え、右上に広告が表示されるようになった