2008年5月16日に発売を予定しているソニー「Cyber-shot DSC-H50」の実写画像を掲載した。本機は光学15倍の高倍率ズーム機。レンズにはカール ツァイスレンズの「バリオ・テッサー」を採用し、35mm換算で31~465mm相当までをカバーする。有効画素数は910万画素、画像処理エンジンには「BIONZ」を内蔵する。上下方向に動かせる3型のマルチアングルタイプの液晶モニターのほか、電子式のビューファインダーも搭載。撮影アングルの自由度を高めているのが特徴だ。撮影モードには、シャッタースピード優先や絞り優先、マニュアルなどを用意するなど、マニュアル撮影機能が充実している。

 気になる画質だが、彩度は高めで鮮やかな印象。解像力がありコントラストは高めだ。ノイズに関しては撮影状況にもよるが、明るめの被写体の場合はISO800までは常用しても問題ない。夜景などの暗めの被写体を撮る場合は、カラーノイズが目立ちはじめるので、ISO400までにとどめておくと良いだろう。今回掲載した拡大画像はすべてオリジナルデータとなるので、DSC-H50の実力をじっくり見定めてほしい。

ソニー
Cyber-shot DSC-H50
実売価格:4万9800円
発売日:2008年5月16日
有効画素数 910万画素
光学ズーム 15倍
記録メディア MS Duo
撮影可能枚数 300枚
液晶 3型(23万ドット)
最高ISO感度 3200(910万画素)
●CCDサイズ:1/2.3型●最大記録画素数:3456×2592●レンズ焦点距離(35mm判換算):31~465mm●開放絞り値:F2.7~F4.5●最短撮影距離:1cm●動画:640×480、30fps●メモリー:内蔵(15MB)●バッテリー:専用充電池●サイズ:幅11.61×奥行き8.6×高さ8.14cm●重さ:415g

●撮影モード:絞り優先AE●シャッター速度:1/800秒●絞り:F4.0●ISO感度:80●焦点距離:31mm相当(画像クリックで拡大)

●撮影モード:絞り優先AE●シャッター速度:1/500秒●絞り:F4.5●ISO感度:80●露出補正:+0.3●焦点距離:465mm相当(画像クリックで拡大)