わさびちゃん(画像クリックで拡大)

かぶと君(画像クリックで拡大)

フウマ君(画像クリックで拡大)

しろくま君(画像クリックで拡大)

MAX君(画像クリックで拡大)

月光君(画像クリックで拡大)

ウィルちゃん(画像クリックで拡大)

ロナウジーニャ君(画像クリックで拡大)

しらたまちゃん(画像クリックで拡大)

さとる君(画像クリックで拡大)

マリーちゃん(画像クリックで拡大)

Q13 お気に入りの猫はいますか?

わさびちゃん(アメリカンカール・メス)・・・・・ 6人
かぶと君(ターキッシュアンゴラ・オス)・・・・・ 6人
フウマ君(ターキッシュアンゴラ・オス/かぶと君のお父さん)・・・・・ 6人
しろくま君(スコティッシュフォールド・オス)・・・・・ 3人
MAX君(ベンガル・オス)・・・・・ 2人
月光君(トンキニーズ・オス)・・・・・ 2人
ウィルちゃん(ラパーマ・メス)・・・・・ 3人
ロナウジーニャ君(トンキニーズ・オス)・・・・・ 2人
しらたまちゃん(トンキニーズ・メス)・・・・・ 1人
みんなかわいい・・・・・ 2人

 「雑誌でこの猫カフェを見つけました。その誌面に写っていた、かぶと君がかわいくて、会いに来たんですよ。」というのはさいたま市から来たという30代のご夫婦。お店には「今日は○○はいますか?」とお気に入りの猫が来ているかを確認する電話もあるという。「でも面白いのは、お気に入りの猫がいないから来ないという訳じゃないこと。猫がいる空間で猫好きな人同士で会話をするのを楽しむ人も多いんです。」と店長さん。 以前、お店には猫の顔写真を入れたストラップのガチャガチャを置いていた。1回300円という手軽さもあり、お客さんが、まさに『大人買い』でお気に入りの猫が出るまで何度も挑戦するという。そのため、あっという間に空になってしまい、製造が間に合わないそうだ。残念ながらこの日は置いていなかった。今はまるで免許証のようになった猫のカードを帰りの際に1枚づつプレゼントしている。

帰りぎわにプレゼントされる愛猫免許証(画像クリックで拡大)

 足立区からわざわざ来たという20代の女性は「月光君が昔実家で飼っていた猫にそっくりでびっくりしました。かわいかったですね。うちの子は9年くらい一緒にいたんですが、死んでしまったんですよ。今は猫に触れる機会がないので、猫カフェに来ました。ほら、似ているでしょう?」と携帯の愛猫の写真を見せてくれた。この日は彼女にとってきっとうれしい「再会」だったに違いない。