日本のインターネットに規制が入る!?

 インターネット上の有害情報へのアクセスを規制する動きがメディアで報道されたことをきっかけに、ブログを中心としたネットの世界では自民党青少年特別委員会(高市早苗委員長)が内閣部会に提示した議員立法案の是非についての議論が盛んになっている。法案の狙いとしては、出会い系サイトや自殺などを扱う有害サイトに規制をかけることで、青少年のインターネット利用が原因とされるさまざまな社会問題の解決を図りたいのだろう。しかし、この法案について疑問を抱くネットユーザーは少なくないようだ。

自民党のサイトにある「インターネットの利用による青少年有害情報の閲覧防止等に関する法案の骨子を議論 内閣部会・青少年特別委員会合同会議」のニュース。ただし、法案の詳細は記載されていない

 現時点では法案自体の方向性はまだ明確にされていないものの、著名ブロガーには事実上リークされる形で情報が流れているらしく、いくつものブログがこの法案の条文等を取り上げてその是非を論じている。ネットの世界では、いわば“ブログの世論”のようなものが形成されつつあるのだが、ここでは法案の是非については言及せず、注目度の高いブログをいくつか挙げるにとどめたい。

 これらのブログを読んで分かるのは、この法案における有害性の定義が明確でないことへの不安や、規制が恣意(しい)的に運営される懸念がネットユーザーにあるということだ。

 この法案に対しては自民党内部にも反対の声があり、別途、民主党案の策定も進められている。立法に向けてどのような展開になるか現時点では不明だが、廃案になることはなく、インターネットになんらかの規制が入るのではないかとネットユーザーの多くは受け止めているようだ。