原宿で最先端ファッションを定点観測するFashionsnap.comが、街角でしかわからない最新トレンドを毎週リポート。

 デニムonデニムのスタイルが復活の兆しを見せている。そこにはもう「ダサい」という印象はなく、このスタイル特有の「新鮮さ」が受け入れられている。

やや濃いジーンズとやや薄い色のデニムジャケット。インナーとスニーカーに白を持ってくることで色の違いを中和している。マフラーのボリュームも細身なラインに映えている(クリックで拡大すると、各アイテムのブランドなどのデータが見られます)(画像クリックで拡大)

 デニムonデニムは、1980年代後半から90年代初めにかけて多く見られたスタイル。アイドルグループがこの格好にローラースケートで踊っていた姿が、当時を知る世代には懐かしいだろう。

 当時は今ほど多様なデニム素材を使用したアイテムがなく、デニムonデニムなら「GジャンとGパン」というスタイリングで、ノンウオッシュよりも「ストーンウオッシュ」や「ケミカルウオッシュ」といった洗い加工を施したデニムが流行だった。ケミカルウオッシュのデニムを上下という着こなしはかなりのインパクトがあり、この時代を象徴するファッションとしてイメージが一般に定着したため、その後は「昔っぽいスタイリング」として上下デニムのコーディネートは避けられる傾向が強かった。

 だが、また最近ストリートで目立つようになった背景には、セットアップ(上下同色同素材)仕様のものがじわりと注目を浴びていることはもちろん、スタイリングの変化が大きく絡んでいる。昔のスタイリングといえば、スリムジーンズのように色の薄い裾が狭まったジーンズに、やや大きめにGジャンを羽織るのが定番だったが、現在のデニムonデニムは全体を細身で統一するのが主流。

“GジャンとGパン”ともに細身なのが今風の着こなし(画像クリックで拡大)

パリコレにも進出しているアンダーカバーのデニム。もともとは裏原宿を代表するブランドだったが世界中で高い評価を受けている(画像クリックで拡大)