さて、ここからは各ソフトを見ていこう。

<SUPER X-MAN>

 中国語名は「世界大戦」。購入時、デパート店頭のVのサンプル機で紹介してくれたのがこのタイトル。つまりはキラーソフトではないかと思われる。昔ながらのガンシューティング。中国ではファミコン版の「魂斗羅」がいまだに根強い人気があり、これがキラーソフトというのもなるほど納得。

 操作方法だが、コントローラーは振らずに、十字ボタンとABボタンのみで操作する。

 全般を通してさまざまなゲームをパクっているどころか、データを流用している。ゲームにメリハリはないが、慣れれば前に進められる“覚えゲー”要素あり。とにかく回顧に浸れるゲームで、遊んだ後で、パクリ元のゲームをWiiショッピングチャンネルで購入して確認してみたくなる気持ちになった。とりあえず筆者が判断できたオリジナルのゲームタイトルは書いておくので、気になる読者は各自画像検索などして同じ画像を見つけてほしい。

 なんだかんだ書いたが、Vの中では一番これが面白い。つまりは、次のページ以降で紹介するタイトルはつまらなかったりする……。

SUPER X-MANのプレイ動画

キャラクターは魂斗羅 ザ・ハードコア(コナミ・メガドライブ向け)(画像クリックで拡大)

ゲーム1面。魂斗羅スピリッツ(コナミ・スーパーファミコン向け)の舞台で、主人公がメタルスラッグ(SNK・NEOGEO)のヘリと戦う(画像クリックで拡大)