XPマシンでトラブルが多発?

 世界の主要なブラウザであるIEにはバージョン6(IE6)とバージョン7(IE7)の2種類があり、どちらも広く利用されている。Windows XP用のIEがIE6、Windows Vista用のIEがIE7と決まっているわけではない。が、Windows Vistaに合わせて発表されたIE7は、高性能なハードウエアを必要するVista用のブラウザといった色合いが濃く、XPでIE7を使うとトラブルが起きやすい。

 ところが、2月13日からIE6でも自動更新によるIE7へのアップデートが開始された。このためXPマシンにIE7を導入するユーザーが増え、ちょっとした騒動が起きている。

 いちばん分かりやすいのは「2ちゃんねる」のスレッド「【IE7】Internet Explorer 7被害者の会」だ。そのものずばり、IE7を導入して困った人たちがいろいろと苦情を書き込んでいる。掲示板の開始は2007年5月14日と古く、それまではあまり進展はなかったのだが、自動アップデートがスタートした2月13日前後から書き込みが増え始めた。

 もちろん、全く問題なくIE7を利用するようになった人もいるだろうが、「2ちゃんねる」やブログの世界を見渡すと、IE7への自動アップデートに対する苦情も増えているように思う。

マイクロソフト公認のトラブルとしては、「Windows XP を実行しているコンピュータで、Windows Internet Explorer 7 を使用してファイルをダウンロードできないことがある」が有名だ。幸いこれには対処方法が同ページに記載されている。心当たりがある人は参考にするとよいだろう