2008年2月19日の東芝によるHD DVD事業撤退表明により、数年にわたる「BD対HD DVD」の“次世代DVD戦争”が終結した。この決断はAVファンにとってどのようなインパクトがあるのか。AV評論家の小原由夫氏は「AV市場における本当の勝負はこれから」だと語る──。


 「がっかり、でもホッと安堵(あんど)」。東芝がHD DVDから撤退というニュースを聞いての、それが当方の率直な気持ちである。

 昨年秋頃から劣勢の構図が色濃くなり、新年早々の米ワーナー・ブラザースの離反もあった。そう遠くない時期に重大な局面を迎えそうな予感はしたが、東芝の決断は予想以上に早かったという印象だ。

 傷口を広げる前に手を打っておくという判断は、企業経営という側面からは正しい措置であろう。しかしその一方で、ひとつの規格を世界基準にするべく、世界有数の大企業を巻き込んで立ち上げた以上、たとえ企業の中の“一事業”という位置付け(解釈)であったにせよ、マーケットや消費者に対する責任は負わねばならない。今後きちんとフォローしていくかどうかに東芝の企業姿勢、メンツがかかっている。

HD普及に向けて業界全体の足並みがそろう

 では、AVファンにはどんな変化が生じるか。国内市場に限定すれば、約3万台(プレーヤー1万台、レコーダー2万台)という販売台数からして、マクロで見れば大きな混乱はなさそう。今後新作映画が観られないという点ぐらいが個々に強いる不便である。早期決着によるベネフィットを享受するのは、これから次世代DVDプレーヤー/レコーダーを買う人と、大きく見た業界全体の足並みだ。

 問題は、HD DVDしか所有していなかったが、新作を観たいがためにBDに乗り換えるかどうかのユーザーのモチベーションである。「幻の名機」として大事に使っていくか、「粗大ゴミ」とみてあきらめるかは、個人個人の価値観だ。個人的には、消滅する運命のものにいつまでも固執しても仕方がないと思う。腹立たしく、悔しいかもしれないが、早くBDに移行し、HD DVDはこれまで買ったライブラリーを観ることのみに限定してとらえた方が賢明だ。BD一本化を表明したワーナーはもちろん、現時点でHD DVDのみをサポートしていたユニバーサルやパラマウントだって、慈善事業ではないのだから、BDでのソフトリリースを近々アナウンスすることだろう。

BD陣営にはHDパッケージ普及に向けた大規模キャンペーンを期待

 起動が遅かったり、レジューム機能に乏しかったりと、確かにハードウエアとしての完成度には今ひとつの点もあったが、画質や音質、ましてやテクノロジーの部分で、HD DVDがBDに明らかに劣る部分は見当らなかった。敗れた理由はただひとつ、ファミリー形成の失敗に尽きる(記録容量の差も確かにアキレス鍵ではあったかもしれないが、致命的欠陥ではなかったと私は思う)。

 東芝にHD DVD・BDコンパチ機を作れとか、即刻BDに宗旨替えせよとは言わない。万全なアフターケアと録画ディスクの供給をできる限り続けていただきたいと望むだけである。

 BDとて安穏としてはいられない。時代は確実にリムーバブルメディアを必要としないネットワーク配信に突き進んでいるのだから。AV市場における本当の勝負はこれからである。

 BD陣営には、HD(ハイビジョン)パッケージの普及に向けた世界規模の一大プロモーションを期待したい。その中で、「録画」という日本固有の文化(欧米ではほとんどニーズがない)をさらに押し広げるようなキャンペーンが必須だろう。

著者

小原 由夫(おばら よしお)

オーディオ&ビジュアル評論家。理工系大学卒業後、測定器エンジニア、AV専門誌の編集者を経て現在に至る。ハードからソフトまでの幅広い知識とそれに基づく評論、解説が支持を得ている。現在「nikkei BPnet セカンドステージ」にて、「DVD 見方・聴き方・楽しみ方」を好評連載中。