2008年2月19日に東芝本社で行われたHD DVD撤退に関する緊急記者会見で、同社の西田社長は「現行DVDプレーヤーおよびレコーダー事業を従来通り継続する」と発言した。録画ファンに人気の東芝「VARDIA(ヴァルディア)シリーズ」は、HD DVD搭載モデルを除いて存続することとなったが、HD DVD搭載モデルが姿を消した後の“次世代DVD搭載レコーダー”の状況は不透明だ。VARDIAシリーズは今後どうなっていくのか──AV評論家の増田和夫氏が洞察する。


記者会見でHD DVD事業撤退に関する発表を行う東芝の西田厚聰代表執行役社長(画像クリックで拡大)

 2月19日に行われた東芝HD DVD撤退発表の質疑において、記者から「HD DVD撤退ということだが、BDを手がける予定はあるのか」という問いに対し、東芝の西田厚聰代表執行役社長は「現時点でBDをベースにしたプレーヤー、レコーダーを生産して販売する計画は全くない」と答えた。

 これは同社のデジタルレコーダー「RDシリーズ(※)」のユーザーにとって衝撃的な発言と言えるだろう。レコーダーのBD対応がなければ、RDシリーズが近い将来にフェードアウトしてしまうことは確実だからだ。実際にRDシリーズの実売価格は急落し、ネットなどでRDシリーズの将来を心配する声が多く聞かれる。そこで、録画ファンの一人としてRDシリーズへのメッセージを記しておきたい。

※RDシリーズ……東芝のデジタルレコーダーシリーズの旧称だが、現在のVARDIAシリーズを含めて録画ファンはRDシリーズと呼ぶことが多い。開発リーダーである東芝・片岡秀夫氏もVARDIAシリーズを含めて「RDシリーズ」と呼んでいる