「なんでも調査隊」は、流行の場所・話題のモノ・コトを、あなたの代わりに調べて報告するコーナー。周りの人が「休日にやっていること」「最近買ったもの」など、ちょっと気になる身の回りの情報を、テーマに応じて街中やオフィスでアンケートを実施し、レポートします。

 第4回目の調査は、「真夜中に行列ができるパン屋さん」。そんな店があると聞いて、並んでいる人に人気の秘密を聞いてきた。

取材日は、1月でも特に寒い日が続いた頃(最低気温は1.5度)。にもかかわらず、深夜0時30分ごろに既に行列ができていた(画像クリックで拡大)

 今回訪ねたのは、なんと夜中に行列ができるというパン屋さん、東京・目黒区祐天寺にある「キクヤベーカリー」。最近はテレビにも取材されて、一部ではすっかりおなじみになったパン屋さんだ。取材お願いの電話をしてみると、お店のお母さんは「最近は寒いからそんなに並ばないわよ。金曜か土曜の夜ならまだ多いかな」と教えてくれた。「では金曜日の夜、伺います」と約束をして、1月の寒空の下、取材を敢行してきた。お店に来てアンケートに協力してくれた人は20代から70代の男性9人、女性15人。住宅街にあるパン屋さんに、深夜なぜ人が集まるのか、その理由を調査してみた。

 1月半ばの金曜日、雪が降ってもおかしくないほど寒い。こんな真夜中に本当にパン屋さんに並ぶ人はいるのだろうか? 終電近い電車を乗り継ぎ、お店に着いたのは12時30分。まだシャッターは閉まっている。実は、開店が午前1時なのだ。しかし、既に3~4人が開店を待っている。お店の方にご挨拶をし、2時過ぎには売り切れてしまうというパンの写真を撮らなければと、店内の明かりが漏れるシャッターを開け、お店に入る。まだパンはほとんど並んでおらず、店のご主人が調理場からパンを運んでいる。そこでひとまず外に出て、アンケートを開始した(アンケートは閉店まで継続)。

Q1 どこから来ましたか?

都 内・・・・・22人(このうち「家が近い」というのは15人)
神奈川・・・・・ 2人(横浜2人)

 夜中ということもあり、やはり多いのは地元の人。最も遠かったのは横浜から車で来たという30代のカップルだ。買いに来たのは3回目だが、お店が開いているのは初めてだったという。去年の夏に2度来たが閉まっていたらしい。店のご主人の体調が悪く、9月~10月は店を閉めていたとのこと。「今日は初めて買える」とうれしそうに開店を待っていた。他に都内から来た人は世田谷の上野毛、大田区など。やはり東急線沿線の近くの人が多いようだ。「都内から40分近くかけて車で来た」という30代女性もいた。

Q2 交通手段は何で来ましたか? お帰りは?

徒  歩・・・・・・・・・・・・・・11人
自家用車・・・・・・・・・・・・・ 5人
電車(帰りはタクシー)・・・ 1人
徒歩(帰りはタクシー)・・・ 1人
バス(帰りはタクシー)・・・ 1人

Q3 何時に来ましたか?

1時・・・・・・・・9人
0時30分・・・7人
2時30分・・・6人
1時30分・・・2人