標準画質ながら独自のコンテンツ溢れる「Gyao」

 映像配信サービスとして、「Gyao(ギャオ)」の名前を耳にしたことある人も多いだろう。USENグループが展開しているパソコンテレビ「Gyao」は、会員登録だけで楽しめる無料テレビサービスとして、視聴登録者数1700万件という圧倒的な会員数を抱えている。

 BRX-NT1を使った利用方法は、メニューからアクセスするだけととても簡単だ。動画を視聴するためのメニュー画面も、専用機器向けにカスタマイズしてあり分かりやすい。

ホームメニューから直接アクセスできて簡単だ(画像クリックで拡大)

初回アクセス時には郵便番号など簡単な登録を求められる(画像クリックで拡大)

 「Gyao」の何よりの魅力は、非常に充実したコンテンツ数だろう。「ニュース&ドキュメンタリー」「映画」「音楽」「ドラマ」「スポーツ」「ビューティ」「アニメ」「バラエティ」「アイドル」と幅広いジャンルを取りそろえており、総合チャンネルと呼ぶにふさわしい内容だ。

「映画」ジャンルにアクセスしたところ。やや古めのラインアップでメジャータイトルには弱いものの、「無料」と考えれば十分“アリ”だろう(画像クリックで拡大)

「ドラマ」は海外ドラマが中心。『宮廷女官チャングムの誓い』など韓国ドラマが充実しており、北米タイトルも作品数は多い(画像クリックで拡大)

 大まかな傾向では、無料放送だけあって映画はやや弱いものの(ただし、時折掘り出しものがあることも)、「スポーツ」「バラエティ」「ビューティ」「アイドル」など独自制作の番組はほかでは見られないものもそろう。また、「アニメ」「ドラマ」もまとめ見ができるし、「音楽」も趣味が合えば楽しめるだろう。番組はCMが挿入されるものの、無料放送のため気軽に見るにはちょうど良い。

 ただし、元はPC主体の無料放送のため、画面サイズはDVD並み……とも言えない標準画質。大画面で観るには、やや苦しい画質かもしれない。

 もう一つ系列のサービスとして「Gyao NEXT(ギャオネクスト)」も紹介しておこう。これは月額3900円の定額有料サービスで、無料の「Gyao」と似たようなジャンル分けながら、「映画」「ドラマ」などメジャータイトルの充実ぶりが光る。また、「アダルト」ジャンルが提供されているのも特徴だ。

「Gyao NEXT」は有料サービス。いきなり契約は敷居が高いかもしれないが、PCと共通のサービスなのでPCサイトで確認してほしい(画像クリックで拡大)

「映画」などの作品ラインアップもある程度充実。ただし、やはり本命は「アダルト」の存在だろう(画像クリックで拡大)

 こちらも画質は無料の「Gyao」と同じ標準画質のため大画面テレビで楽しむサービスとしてはやや苦しいところもあるものの、映画や海外ドラマ、そしてアダルトといったラインアップに引かれる人も多いだろう。2週間無料試聴のキャンペーンも実施されているため、気になる人は試してみるといいだろう。