映像を見るためのセットアップは実質「つなぐだけ」

 ロケフリ Home HDを実際にセットアップしてみよう。ロケフリ Home HDの本体は、先に触れた通り「送信機」と「受信機」の2パートに分かれている。それぞれに電源をつなぐAVアダプターと映像入力、音声入力などがそろっている。

 今回試用したサンプルは取扱説明書が同こんされていなかったが、それぞれの機器に「送信機」「受信機」とていねいに書かれている。背面の端子を一目見るだけで、使用法はピンと来る。手持ちのハイビジョンレコーダーの映像出力から「送信機」の映像入力端子にD端子で接続し、「受信機」の映像出力からテレビの映像入力端子にD端子で接続して電源を入れた。

ロケフリ Home HDの本体は「送信機」「受信機」の2個セットで使用する(画像クリックで拡大)

「送信機」はD端子、ビデオ端子のほか、アナログ音声とそれぞれのスルー出力、AVマウス端子を備える。「受信機」はD端子、ビデオ端子アナログ音声、HDMI端子の出力がある(画像クリックで拡大)

「送信機」側は、ハイビジョンレコーダーなど遠隔視聴したい元の機器から接続する。接続はハイビジョンを伝送できるD端子と、アナログ音声端子を使おう(画像クリックで拡大)

「受信機」はD端子とアナログ音声の組み合わせか、HDMIケーブルを使おう。写真はDケーブルとHDMIケーブルを両方つないでいるが、実際にはHDMIだけで問題ない(画像クリックで拡大)

 「送信機」「受信機」に機器をつないで電源を入れると……接続成功! レコーダーから送信機に入力した映像がハイビジョン画質のまま、受信機をつないだテレビに出力できた。今回は地デジ対応レコーダーの映像をD端子で出力し、「受信機」側はD端子とHDMI端子で入力してみたが、どちらの端子を使っても問題なく映っている。

 映像の転送は、技術面ではMPEG-4 AVCコーデックを用いて、ビットレート10Mbpsで圧縮を行っている。実際の映像を見てみると、送信機につないだレコーダー本来の映像(D端子で出力した1080i映像)と比べてやや色合いが変化しており、コントラストがキツくてやや暗めになっている。ただし、レコーダーをチューナー代わりにして放送をそのまま見ている際には気にならない程度ほどに映像は良い。

とりあえずつないで電源を入れればすぐに映像が表示される。電波のチャンネルは「AUTO」のままで自動設定されるため設定は一切不要だ。(画像クリックで拡大)

もちろんつないだレコーダーの操作画面表示もOK。今回はソニーのBDレコーダー「BDZ-X90」をつないで使用している。(画像クリックで拡大)

BD-ROMの作品の映像も普通に表示できてしまった。画面は『アンジェラ・アキ/アンジェラ・アキ MY KEYS 2006 in 武道館』(ソニー・ミュージックエンタテインメント)(画像クリックで拡大)

 ちなみに実際テストしてビックリしたのが、今回使ったソニーのBDレコーダー「BDZ-X90」で地上デジタル放送の映像を表示できるのはもちろん、市販のBD-ROM作品の映像も表示できてしまったこと! これは以前取材の際に説明員の方からも聞いていたことだが、実際目にしてみると、「本当にできていいの?」と心配になってしまう。

 さて、ここまでの実験は「送信機」「受信機」を同じ部屋に設置して行った。今回のテストの目的は「家庭内の離れた部屋で、別の部屋の機器の映像を楽しむ」こと。今度はロケフリ Home HDを別の部屋に持ち出して、本当に離れた部屋での活用に挑戦してみよう。