10月4日、auがケータイ購入の仕組みを大幅に変更する「au買い方セレクト」を発表した。「au買い方セレクト」には、これまでのように携帯電話機(以下端末)を安く購入できる「フルサポートコース」と、端末が高くなる代わりに毎月の料金が低廉になる「シンプルコース」の2つがある。「シンプルコース」は、毎月の料金が“低廉”であることが最大の特徴なのだが、これは本当なのだろうか?

 筆者が試算したところ、シンプルコースの料金はかなり微妙で、特定のパターンでは逆にシンプルコースの方が高くなってしまう場合がある。そのため、従来と比べて「安い!」とは断言できないのが本音だ。

「シンプルコース」は料金が安くなるはずだが…!?

 まず「au買い方セレクト」とは何かを整理しておこう。au買い方セレクトとは、au端末の販売方法を大きく変えるもの。2007年11月12日以降、すべてのauケータイの販売方法が変わり、ユーザーが2種類のどちらかを選ぶことになる(下図参照)。

●11月12日、新料金体系「au買い方セレクト」がスタート!
コースの名称 端末の価格 毎月の料金
フルサポート
コース
端末価格は従来とほぼ同じ(予想)。ただし、その機種の2年間継続利用が前提となる 毎月のケータイ料金は従来と同じで、ポイントは従来より2~3.5倍程度増える
シンプル
コース
端末価格は、今までより2万円前後高くなる。その代わり、いつでも機種変更が可能 毎月の基本料が割安とされる「シンプルプランS/L」が選べる

 「フルサポートコース」は、おおむね今までとほぼ同じ販売方法と考えてよい。端末価格がどうなるかは、実際にフタを開けてみないとわからないが、従来と仕組みが似ているため、ほぼ同じ価格になると思われる。また、毎月の料金も今までと同じである。ただし、同じケータイを2年間使い続けるという条件が付いている。

 「シンプルコース」は、端末の価格が高くなるかわりに、毎月のケータイ料金が低廉になるコースだ。いわゆる“分離プラン”と呼ばれるもので、端末と料金を切り離している。販売奨励金が大きく減る代わりに、料金が安くなる(とされている)。

 シンプルコースには2万円の補助(=メーカーからの販売奨励金)がないので、結果として端末は2万円ほど高くなりそうだ。今までの販売方法と比べても、2万円ほど高いと予想される。その代わり、毎月の基本料が安い「シンプルプランS」「シンプルプランL」という料金プランを選べるわけだ。

 では、本当に「シンプルプランS」「シンプルプランL」は安いのか? 従来までのau CDMA 1X WINの料金と比較してみよう。従来までの料金は、基本料金が50%OFFになる「誰でも割」を適用したもので比較する。また、パケット料金などは省き、基本料と通話料のみで比較している。