DVテープはもちろん、Hi-8やVHSの映像もDVD化できるDVDライター、ソニー「VRD-MC5」が登場!――そう聞いて、これはスゴイ!と直感し、迷わず貸出機を依頼した。いまや映像記録の主流はDVDメディアだ。それに過去のアナログ映像をDVD化できる機器と聞けば「おっ!」と思ってしまう。

 さらにこのVRD-MC5はDVDメディアにハイビジョン画質で記録できるAVCHDにも対応するという。まさに過去から将来へと、映像遺産を引き継ぐ素晴らしいレコーダーではないか!

一気に期待がふくらみすぎて、少々不安に……

 と、テストする前からかなりアツく入れ込んでしまったのだが、よく考えればDV、Hi-8、VHS(VHS-C)などもHDD&DVDレコーダーを使えばいくらでもDVD化できる。AVCHDにいたっては、製品に付属するソフトを使うことでディスク作成が可能だ。テスト機が届く頃には、「よく考えればそんなにスゴイ製品じゃないかも……」と、テンションはやや下がり気味だった。

 とはいえ、どこか可能性を感じずにはいられない製品であることは確かである。その魅力を見つけ出すべく、手持ちのムービーをかき集めテストを開始した。まずはその外観からチェックしていこう。

外部から接続した映像を直接DVDに記録するシンプルな製品だ(画像クリックで拡大)
映像入力はDV、USB、コンポジット、S端子に対応(画像クリックで拡大)
今回はテストしなかったが、デジタルカメラ写真のバックアップも可能(画像クリックで拡大)
操作ボタンはいたってシンプル。液晶画面の表示を見ながら操作する(画像クリックで拡大)