こんにちは。駆け出しライター平山ゆりのです。今回の話題は、3月30日に東京・六本木にオープンしたばかりの複合施設、東京ミッドタウンです。約10ヘクタール(東京ドーム3個分)に、ホテル、オフィス、美術館、ショップ、公園などが集まった、いわば、都会に出現したひとつの街です。

 数年前から東京ミッドタウンのプロジェクトの勉強会に首を突っ込んでいたと自慢する品田所長によると、おカネ儲けを考えるならオフィスビルを建てるほうがずっと効率がいいのだけれど、21世紀の東京のあり方を考えて作り上げられた未来志向の新しい街だと言います。「一体どんな街なんですか」と聞いたら、もったいぶって「キーワードは、(1)国際的視点、(2)成熟世代、それに(3)おカネ持ちかな」だって。ハー?全然わからない??ということで実際に見学しながら考えることにしました。

 ということでミッドタウン前に集合したいつもの3人(編集部・白倉、平山)。ミッドタウンの顔であるショッピング・レストランエリアを中心にレポートします。


GWの人気観光スポット、東京ミッドタウン。

1Fのレストラン「ニルヴァーナ・ニューヨーク」。
4月21日(土)はレストランの中で、ニルヴァーナと下のナプレの行列が一番長かった!

1Fの「ピッツェリア・トラットリア ナプレ」。
南青山の本店をもつイタリア料理店。窯で焼くピザが人気で、テラス席が気持ち良さそう。

1F広場のオブジェはイタリア現住の抽象彫刻家、安田侃(やすだ・かん)氏の芸術作品。写真撮影時には子供の遊具に…。


大混雑の東京ミッドタウンで主婦や外国人に突撃インタビュー!

品田「お待たせ~!」

平山「呼び出しておいて遅いですよ、所長!」

品田「ごめん、ごめん! ところで、2人は今日でミッドタウン何回目?」

白倉「僕は内覧会で来たのと…、仕事やプライベートを合わせて5回ほど来ています。今日持っているトート・バッグは、今から行くガレリア内の3F『菱屋カレンブロッソ』で買いました。柿渋染めの質感とデザインが気に入ってるんです」

平山「ふふ、新しいモノ好きですね~。 私は、お仕事でオフィスビルに来たことがあるだけで、じっくり観るのは初めてです! 品田所長は何回目で…」

品田「…どこから来たの? 茨城県? ミッドタウンどうでした?」

平山「エ? もう取材始めちゃったんですかっ!!」

茨城県から来た奥様グループと所長

 ミッドタウン前に集合したと思ったら、早速、取材を始める品田所長。それにしても今日の所長は、いつもに増してテンション高めな気が…。そんな所長を先頭に、3人みんな地方出身者! ミッドタウンツアーのはじまり、はじまり~。

NEXTガーン!!!! 子どもの遊び場ではなかった…。