顔を洗って出直し。そして“ヤツ”は正体を現した!

 そして次の日。懲りずにまた、お台場の地に降り立った。今回は場所を変え、東京テレポートの前で待機。帰宅途中のサラリーマンに怪まれつつ、カメラを構えてシャトルバスの到着を待つ。

 バスの音が近づいてきた。

 ラッピングを見ると、まさしく地デジバス! 筆者のテンションも一気に上がる。

念願の地デジバスとご対面。側面には見慣れた地デジのロゴが!

 乗車するとまず目に飛び込んでくるのが、アナログ放送終了を告知するSMAPの草なぎ剛さんのポスター。菩薩(ぼさつ)のような微笑みで乗客を出迎える。ポスターは至るところに貼られ、車内は地デジ一色だ。

車内には地デジ界のアイドル、草なぎ剛さんのポスターが貼られている

 地デジテレビは前方、後方、中央の3カ所に設置されていた。この時はちょうど夕方のニュースを放送時間。チャンネルはもちろん、お台場チャンネル“フジテレビ”だ。

 映像はノイズもなく、視界良好、とってもクリア。目的地に着くまでの間、退屈することなくテレビが楽しめた。というより、番組の続きが気になり、バスを降りそびれたぐらい快適だ。

草なぎ剛さんに間を挟まれているのが、地デジテレビ

 そんな訳で、この夏お台場に遊びに行く人。移動の際は、シャトルバスに乗って、ぜひ無料の地デジを体験してほしい! ただお盆休みや土日など、混雑する日はなかなかダイヤ通りに来ないのでくれぐれもご注意を。

暮れゆくお台場の景色。シャトルバスからの窓からはこんなステキな光景も見られる

筆者紹介 ひよりみ びびり
ペット可アパートでAIBOを飼う、ロボットと科学大好きライター。目下ハマッているのはカメラ。水中写真にもチャレンジ中。