米米クラブが期間限定で復活というニュースを聞いて、我が家のダンナ氏はいきなり「ライブ行かなくちゃ、ライブライブ♪」と大騒ぎをしはじめた。4月1日から9年ぶりに伝説のバンドが復活するというのだ。

 どうやら、ジェームズ小野田とかオリジナル9名のメンバーで集まって、7月に新曲、9月にアルバム、ライブは9月みたいだよと、ネットを見て伝えると、身悶えして「あれは、ライブ見なくちゃなぁ」と落ち着かないったら。以前にも、納戸にしまわれていた米米クラブのBOXを偶然見つけた時に「へぇ、ファンなんだ」と、なんの気なしに聞いてしまって後悔したのを思い出した。

 当時の私はまったくのノーチェックで、テレビに出てからの彼らしか知りませんから。ちょっとカッコイイ系の、にーちゃん(石井竜也)が歌ってたなぁという印象はあるけれど、すいません……米米ドシロウトなんですよ。それなのに、えんえん、抱腹絶倒の話を聞かされ続けて、見てない後悔と不完全燃焼で、もう、脳内妄想膨れまくり……ですよ。それにしても、いまもこんなにホットな過去のライブの思い出って……ファンの人ってみんなそうなんだろうか?

 「博多めぐみは出るのかなぁ。博多めぐみってさ、白いヒラヒラのドレス着て、クルクルの髪形で、かわいーのに、ギターはスゴク力強くってさ。カッコイーって思っていたら、実は女装した男。小さいライブスポットとかでやってた時代はバレてたんだろうけど、ぼくが見はじめたのは、85年の草月ホール。ソコソコ大きな箱(ステージ)じゃないですか、客席からじゃわからなかったんだけど、男だったんだよねぇ」

 誰ですか、博多めぐみって。ウィキペディアなんかの解説を読んでも、その他(サポートメンバー)の最後にでてくる人じゃないですか。「彼らですら最終的に何人いたかが分かっていない。」と書かれている大所帯バンド。コンサートのたびにいろいろなメンバーが入れかわりして豪華絢爛・波瀾万丈。文化学院出身の建築とデザインの学生が集まってはじめたバンドは、実験的な仕掛けと徹底したファンサービス、濃厚な演出のステージで大人気に。初期は、イロモノ扱いだったといわれているけど。

 「米米クラブって面白いらしいってウワサを聞いて、草月ホールに行ったんだけど、なんだかムード歌謡みたいなのを数曲やって、客席には女の子も多いしさ。オレまちがっちゃったかな、と思っていたら、吾妻ひでおの不条理日記みたいに、チリーン、チリーンと鈴が鳴り出して、高さ1m近くもある米粒を頭にのせたジェームズ小野田が登場。カールスモーキー石井とわけのわからない四畳半劇がはじまって、暗転したと思ったら、♪オンザロックをちょうだい。って演奏がはじまって……とかね。シュールで芝居仕立ての舞台の使い方が、上手くてやられて」

 音楽のための舞台なのか、舞台のための音楽なのか、この渾然一体となった熱いステージは、映像を見ないとわからない……と言ってる人も多い。たしかに、ビデオの発売本数はものすごく多い。ダンナ氏も、前述のBOXを持ってるハズなのに、聞いてるところをみたことがない……。

 「席替えの話って、したっけ? 演奏の合間に、いきなりカールスモーキー石井がひとり芝居をはじめるんだよ。で、『この問題を解決するには、1列目と15列目を入れ替えないとダメなんだっ』……みたいなこと言うんだ。1列目の客といえば、徹夜バリバリで並んでかぶりつきを手にいれた、猛烈なファンの方々ばっかりじゃないですか。ブーブー言ってると、マジな女性の場内アナウンスが流れて『ただいま、カールスモーキー石井から指示がありました通り、1列目と15列目のお客様はすみやかに席を移動してください。移動しないとライブは続行できません』。これで、15列目は大喜び! 演奏がはじまると、おさまらない1列目だった人たちも、ノリノリでどんどん前に出ていっちゃうから、イケイケな気分は伝染して、会場全体が沸いちゃう……」

 「米屋の話は知ってる?(知りませんてば)これも、カールスモーキー石井のコントみたいな話でね。昼下がりのご家庭に、米屋の御用聞きがやってきて、奥さんといい仲になっちゃうんだね。けど、そこにダンナが帰ってきて、ヤバイヤバイって風呂場に隠れる。ところが、ダンナは、まず風呂にするかーと、風呂場をあけると、御用聞きはいない。風呂のフタをあけると、そこにはなーんと、御用聞きが米俵持って『そんなところでなにをしている』『米といでましたー』。するとバックのやつらがそろって『奥さん米屋ですー♪』。バックに、ビッグバンドをつけた落語みたいなモノでさ」

 ダンナ氏の話はどんどんエスカレートしていくんだけど、とにかく、ちょっと1~2曲聴いてみようと、Moraを検索してみる。 デビュー20周年記念の「米 ~Best of Best~」はアルバム まるごとの購入で2750円。私でも知っているヒット曲「君がいるだけで」(210円)「浪漫飛行」(210円)とかは単品でも買えるみたいだけど、ライブの雰囲気がわかる「ホテルくちびる」や「オン・ザ・ロックをちょうだい。」はアルバムでないと聞けないみたい。ええい、まとめて聞いてやる~。私も、このバンドが復活するというなら、ぜったいライブに行こうと思います。

~本日の米米クラブの合計……2750円。(波多野 絵理)

Mora(http://mora.jp/
「米 ~Best of Best~」はリクエスト上位25曲に未発売曲などのプレミア音源5曲を加えたスーパーベスト。97年のバンド解散後、それぞれソロ活動などをしていたメンバーが集まって10月までの7カ月限定の再結成となる。