協力:シャープ株式会社

 家電ティーチャーの奈津子です! シャープからイオン濃度を従来の高濃度「プラズマクラスター25000」の約2倍以上に高めた新開発の「プラズマクラスターNEXT」を搭載するエアコンと空気清浄機が登場しました。

 脳波研究の専門家である慶應義塾大学理工学部 満倉准教授の監修の下、人の感性を簡易的に分析する「感性アナライザ」を活用して比較実証試験を実施。従来の「プラズマクラスター25000」搭載の機器に比べて空気浄化能力が高まるだけでなく、「ストレスがたまりにくい環境」と「集中を維持しやすい環境」を作れることを実証したそうです。

 実は私、発表会でこれらを検証する「感性アナライザ」を実際に装着してチャレンジしたのですが、時間が短かったこともあってか、あまり効果が見られませんでした。というのも、私自身が極端にストレスフリーな人間のようなのです。

 では、実験などを通じていろいろなストレスを体験したら、感性アナライザの数値はどのように変わるのでしょうか。大阪府八尾市にあるシャープ八尾事業所で実験してみることにしました!

[画像のクリックで拡大表示]
「大阪府八尾市にあるシャープ八尾事業所にやってきました!」
[画像のクリックで拡大表示]
「八尾事業所内にある一戸建てのモデルハウスです。この中には、どんなストレスが私を待ち受けているのでしょうか……」