常にベストポジションを得る方法

 現代病ともいえる慢性的な肩こりや腰痛を防ぐべく、オフィスチェアには正しい座り方をサポートする調整機能と、しっかり体を支えて長時間の作業での疲労感を軽減する、高いサポート力が求められる。『AKRacing 』シリーズは、こうした要求を高いレベルで実現した、理想的なオフィスチェアと言えそうだ。

 達人たちが注目するのは、レーシングシート譲りの高いサポート力を備えた背もたれと、適度な堅さとクッション性のある座面の座り心地。着脱可能なヘッドレストとランバーサポートを併用することで、さまざまな体型の人にフィットする柔軟性も魅力。

 また、シート座面の高さや背もたれの角度、アームレストの高さや前後の位置など、細かな調整が簡単にできるのもポイント。ほかにも、キャスターはフローリングなどを傷つけにくく、音も静かなポリウレタン製の双輪キャスターを採用。チェア全体が堅牢なメタルフレームで構成されており、高い安全性と耐久性を両立している点も、長く使っていくうえでは大きな利点となる。

 業務時間の大半を過ごすチェアだからこそ、機能面・品質面ともに確かな製品を選びたいところ。『Premium』と『Pro-X』は、その両面において、ユーザーをしっかりサポートしてくれるだろう。

豊富なラインアップを用意

 『AKRacing』ブランドには、今回紹介した2モデルのほかにも、コストパフォーマンスの高い『Nitro』シリーズ、エントリー向けの『Wolf』シリーズがある。いずれもフルフラットリクライニングや取り外し可能なヘッドレスト/ランバーサポートなどの機能は共通で、長時間の使用を前提としている。違いは、細かい機能や張り地の素材、カラーリングなど。予算に合わせて豊富な選択肢から選べるのはうれしい。オフィスチェアの買い替えを考えている人は、ぜひ検討してほしい。