JR東日本エリアで電車を利用する人は交通系ICカードのSuicaを持っているはず。ショッピングや飲食店でもSuicaは電子マネーとして大活躍。小銭不要で釣り銭を待つ必要もなく支払いがスムーズだ。しかも登録したSuicaで貯まるJRE POINTは、通勤中に利用するエキナカ店舗や施設に対象店舗が多い。毎日の買い物で知らず知らずポイントがたまってオトクなのだ。

協力/JR東日本

乗車券以外にも使用シーンが広がるSuica

エキナカでも街ナカでも使えるSuica
[画像のクリックで拡大表示]

 交通系ICカードとしてJR東日本エリアで広く普及しているSuica。交通機関の利用以外にもエキナカのコンビニや売店、自販機、駅ビルなどで使える一方、街ナカでもコンビニやスーパー、家電量販店、ドラッグストア、飲食チェーン、タクシーなどの支払いに幅広く対応している。今やSuica1枚持っていれば、多くの支払いがカードをかざすだけで済んでしまうのだ。

 使えるシーンが多いだけに残高不足も気になるが、コンビニでも現金でチャージできるので、駅に足を運ばなくても大丈夫。残高が設定金額以下のときに、改札にタッチして入場すると、ビューカードから自動的に設定金額がチャージされるオートチャージを設定すればより安心だ。2018年3月17日からは、改札を出る時もオートチャージされるサービスが始まる。またスマートフォンで使うモバイルSuicaならいつどこででもアプリ上でチャージが可能だ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]