前代未聞のヒットを記録している独立系アニメ『この世界の片隅に』がブレークした理由を探る連載の後編(前編はこちら)。クラウドファンディングで多大な支援者の存在が明らかになり、映画業界の空気は一変した。その後、2015年7月にパイロットフィルムが完成し、試写会を開催。出資する企業が続々と名乗りを上げ、映画化の流れが一気に加速していった。

映画館からの上演依頼が続々

―― クラウドファンディングで資金が集まり、応援団もできた。その他の効果は?

真木: クラウドファンディングでの盛り上がりに真っ先に反応して、問い合わせてきたのが全国各地の映画館でした。東京では渋谷と新宿、地方では広島や大分の映画館。僕は「やった」と思ったね。つまり、映画館というのは、映画を見に来る人に対して商売している流通の最後の人たちじゃない。映画が終わった後にロビーで観客が「面白かったね」と話している様子とか、パンフレットがどれくらい売れたとか、日々映画を見る人と直接対峙している。その映画館をやっている人たちが、「この映画は当たるぞ」「この映画をかけたい」と思ったということは“ビンゴ”なんですよ。「でき上がったらぜひうちでかけたい」と言われたときは、すごくうれしかったし、自信になったし、分かりやすく言えば、マーケティングとして「イケてる」ということじゃないですか。

―― パイロットフィルムは支援者のほか、出資を依頼した企業にも見せたそうですね。

真木: このパイロットフィルムの出来がとても良かった。映画の内容を凝縮したわずか5分の映像でしたが、見た人の多くが泣いたんですよね。映像を見ると、戦時中の広島の呉に住む主人公のすずさんも、現代人と同じように日常を送っていることを実感するわけですよ。言ってみれば、わずか70年前に同じ地球、同じ日本に住んでいた女性が、現代と同じように日常を過ごしている。それに対して今の人がものすごく共感し、どこか胸を打つ部分があった。パイロットフィルムは出資を依頼する際の絶大な営業ツールになり、それを見て大手新聞社やラジオ局などからの出資が徐々に決まっていきました。

『この世界の片隅に』の一場面。終戦間際の日常を描く
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

真木: 映画を見た人によって、泣くシーンがそれぞれで違うんですよ。それは、それぞれの人が自分の体験と照らし合わせて見ているからなんでしょうね。自分の体験はリアルですし、片渕監督が当時の様子を徹底的に調べ上げて再現するリアリズムはとてつもなくすごいですから、あたかもすずさんが現実にいる、いてもおかしくないと感じる。だから、それぞれが自分の体験とシンクロするシーンで共感し、胸を打たれ、涙を流す。自分と照らし合わせることができるということは、身近な映画なんですよね。ですから、その点でも市民映画だと言えるわけです。

 ただし、戦時中の主婦の日常がどれだけ共感を集めるかは、事前には未知数で、良い内容だけど、それをアニメでやって果たしてビジネスになるかどうか、というのが最初の入口でした。しかし、それを「なる」と証明したのがクラウドファンディング。この手法を思い付かなければ、今のようなムーブメントを起こすことはできなかったと思います。クラウドファンディングは、池に石を投げて波紋ができるように、応援団による支援のうねりを作る最初のきっかけになっている。これは間違いないです。