スズキ「スイフト」
[画像のクリックで拡大表示]

 スズキは2016年12月27日、フルモデルチェンジした4代目となるコンパクトハッチバック「スイフト」を東京都内で発表した。発売は2017年1月4日で、価格は134万3520円~184万5720円。

 スイフトは2000年に軽自動車ベースのクロスオーバーコンパクトとして初代が誕生した小型乗用車だ。2004年に投入した2代目からは新プラットフォームを採用し、デザインや走りにもこだわった世界戦略車に生まれ変わった。コンパクトなハッチバックというコンセプトは世界で評価され、2代目と3代目の累計販売台数は530万台を記録。今やスズキを代表する1台に成長している。

「スイフトRSt」
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、同社では全面的に小型車として専用開発した2代目をスイフトシリーズの初代と位置付けているが、本稿では日本市場の展開に合わせて、クロスオーバーコンパクトだったスイフトを初代とすることを断っておく。

 さてその初代から数えて4代目となる新型も世界戦略車として、ユーザーの期待を超えるデザインと走りを目指したという。

スズキ「スイフト HYBRID ML」
[画像のクリックで拡大表示]

一番軽いモデルは840kg!

 新型の大きな特徴は、軽量化と高剛性化を両立したという新プラットフォーム「ハーテクト」の採用だ。各パーツも軽量化した結果、先代に比べて120kgも軽くなったというから驚きだ。最も軽いモデルでは840kgと、このクラスでは最軽量になっただけでなく、全グレードを1000kg未満に抑えたという。クルマを軽くすれば、燃費向上はもちろんのこと、動きも機敏になるなど、絶大な効果を発揮する。ただし、輸入車のように高価な材料を使うことなく、形状や工夫で、それを実現している点はスズキらしいやり方といえる。

 4代目のデザインは、ひと目で分かるスイフトらしさを継承しながら、重心の低いプロポーションと躍動的なフォルムを実現しスタイリッシュになった。グリルが大型になり、先代よりノーズが下がったように見えるが、フォルムとサイズは先代とほぼ同等だ。ボディーサイズは、全長3840×全幅1695×全高1500mm(2WD車)で、全長で-10mm、全高で-10mmと見た目の印象とは反対に、若干コンパクトになっている。一方、ホイールベースは先代より20mm長い2450mmとなった。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]