[画像のクリックで拡大表示]

 冬本番、そろそろ降雪が気になるシーズンだ。2016年は54年ぶりに11月に初雪が観測され、交通への影響が懸念された。都市部での降雪は珍しいことではなく、毎年のように雪による交通障害がニュースになり、以前は不要と考えられていた東京の都市部でも、冬用タイヤを準備するドライバーが増えてはいるようだ。しかし、マンションなどでははき替えたタイヤの保管場所に困るし、できれば、1種類のタイヤで通常の天候から突然の降雪にまで対応できればと考える人もいることだろう。実際に欧米では、年間を通して使えるオールシーズンタイヤを使う人も多いとも聞く。

 というわけで今回、筆者は日本グッドイヤー(東京都港区)が開催したオールシーズンタイヤ「Vector 4Seasons Hybrid」の試乗会に参加し、オールシーズンタイヤの長所と短所を探ることにした。

[画像のクリックで拡大表示]

海外では標準装備されることも

 そもそも自動車用のタイヤには、大きく分けて夏タイヤと冬タイヤがある。

 夏タイヤにはエコタイヤやコンフォートタイヤ、スポーツタイヤなどがあり、それぞれキャラクターに違いはあるが、基本的に乾いた路面と濡れた路面で使用することを前提としたもの。新車に標準装備されているのはこの夏タイヤだ。一方、冬タイヤは、雪の上や凍結した道路に対応できるスタッドレスタイヤやスノータイヤと呼ばれるものを指し、通常は新車に標準で装備されてはいない。

 オールシーズンタイヤとはこの両方の特性を備えた、年間を通して使用できるタイヤのことで、海外ではカーメーカーとタイヤメーカーが共同開発したものなどが多くのクルマに標準装着 されている。しかし日本では、一部のSUVやクロスオーバーモデルに用意されている程度で、販売数の多いコンパクトカーやセダン、ミニバンなどの乗用車には標準装備されていない。またSUVに装着されるオフロードタイヤは、基本的にマッド&スノー、つまり泥道などのオフロードだけでなく、雪上にも対応したオールシーズンタイヤの性格を持つものが多い。装着タイヤのサイド面にM+S、SNOW、SUTUDLESSなどの表記があれば冬タイヤとして使える。ただし、その性能はタイヤのキャラクターによって異なる。

最大のメリットは緊急性と保管場所

 オールシーズンタイヤの最大のメリットは、冬に備えたスタッドレスタイヤの準備と、タイヤの交換が不要なこと。もし突然の降雪予報が出ても慌てなくていいし、タイヤを2種類用意して保管場所に頭を悩ますこともない。また、冬用タイヤ規制及びチェーン規制が出された高速道路も走れるのでタイヤチェーンの着脱も不要だ。ただし、さらに路面条件が悪い場合に出される全車両チェーン装着規制など、たとえ冬タイヤを装着していてもタイヤチェーン装着が義務となることもあるので、表示された道路規制や路面状況をよく確認することが必要だ。

 というとメリットばかりのように聞こえるが、年間を通して使えるように作られているために、夏冬いずれの性能もほどほどにとどまるというデメリットがある。

 夏タイヤは、燃費性能に特化したエコタイヤや乗り心地や静粛性を重視したコンフォートタイヤなど用途に合わせて特定の性能を際立たせたタイヤが存在するが、オールシーズンタイヤは、夏タイヤとしての性能は極めて平均的だ。グリップ性能や排水性能などの安全性に関わる基本性能は十分でも、燃費性能や静粛性などの付加価値面は弱い。冬期も本格的な降雪となると、スタッドレスに当然軍配が上がるし、特に凍結したアイスバーンでの性能は大きな差があるとされる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
■変更履歴
記事中に誤りがありました。1ページ目で初出時「また、冬タイヤ規制が出された高速道路も走れるのでタイヤチェーンの着脱も不要だ。さらに路面条件が悪い場合にだされるチェーン規制では、例え冬タイヤを装着していてもタイヤチェーン装着が義務となる。」としていましたが正しくは「また、冬用タイヤ規制及びチェーン規制が出された高速道路も走れるのでタイヤチェーンの着脱も不要だ。ただし、さらに路面条件が悪い場合に出される全車両チェーン装着規制など、たとえ冬タイヤを装着していてもタイヤチェーン装着が義務となることもあるので、表示された道路規制や路面状況をよく確認することが必要だ。」です。お詫びして訂正いたします。該当箇所は修正済みです。 [2017/1/4 12:30]