ユニクロで今買うべき服はこれだ!

 ベーシックな色を選ぶべきということは分かったが、具体的にどんなアイテムを選べばいいのだろうか。今の時期に買えるおすすめのアイテムを大山氏に厳選してもらった。

 まずは通年取り扱いのある白のボタンダウンシャツ。デニムにネルシャツを合わせていた人は、白のボタンダウンシャツに替えるだけでグッとおしゃれに見えるという。さらに上を目指すなら、デニムシャツにブラックジーンズもおすすめとのこと。

 「今シーズン展開している『ワッフルクルーネックセーター』など、ジャストサイズでやや厚手の丸首のセーターもセンスよく見えるアイテム。Vネックは古臭い印象になるのでNGです」

 丸首セーターに「シームレスダウンパーカ」やチェスターコートを羽織れば、大人のきれいめおしゃれスタイルの完成だ。

ユニクロのチェスターコート(大山氏提供)
[画像のクリックで拡大表示]

 チェスターコートはきれいめアイテムの新定番。だが、ビジネス用のコートを見慣れている人にとって、1万円台で買えるユニクロのコートは素材や作りが若干安っぽく感じられる場合もあるかもしれない。そんなときは「ユニクロよりちょっと上」の低価格帯のセレクトショップを活用するのも手だと大山氏はアドバイスする。

 「例えば『洋服の青山』でおなじみの青山商事が展開する『ユニバーサルランゲージ』では3万円台から“ちょっといい”コートが買えます。また、靴などの小物は『ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング』がおすすめ。ユニクロでベーシックなものを選ぶ目が肥えてきたら、少しずつほかのブランドと組み合わせていくといいかもしれません」

春先はこんな上級者向けのおしゃれも身についているかもしれない(大山氏提供)
[画像のクリックで拡大表示]

 雑誌モデルやショップスタッフのようなおしゃれができなくても、シンプルなデザインでベーシックな色、そして清潔感のある服を着ていればセンスよく見える。今年はユニクロでイメージチェンジを図ってみてはいかがだろうか。

大山旬氏。アパレル販売職、転職アドバイザーを経て独立。これまでに3,000名以上のスタイリングを担当。芸能人やモデルのスタイリングではなく、会社員や公務員、自営業、経営者など、一般個人を対象としたファッションコーディネートを専門としている。「自信を高めるためのファッション」をモットーに、多くの人のファッションの悩みの解決に取り組んでいる。最新書籍『ユニクロ9割で超速おしゃれ』は大和書房から発売中
[画像のクリックで拡大表示]

(文/樋口可奈子)