年初だからこそ考えたい、「家計のために今やるべきこと」は? 日々家計の相談を受けるファイナンシャルプランナー(FP)の山田英次氏が教えます。

kou / PIXTA(ピクスタ) 
[画像のクリックで拡大表示]

 意外に思われるかもしれませんが、年末年始はご夫妻、またはご家族での相談予約が多く入る時期。相談の目的としては「この1年を総括したい」「来年のプランを策定したい」などのリクエストが多くなります。この時期に予約が増えるのは、普段忙しく過ごされていると、家族皆で落ち着いて『お金について』話をする時間がなかなか確保できないからかもしれません。

 さて、そんなみなさまのお話を伺っていると、家計管理における下記のような悩みや思いが、ダイエットと共通しているように感じます。

「今年も思うような成果が出なかった」
「来年こそはしっかりやっていきたい」
「今までの自分を変えたい」

 もしかしたら、みなさんの中にも上記のような悩みを抱いている方がいらっしゃるかもしれませんね。

良い結果を出すための“3つのポイント”

 家計管理と健康管理、どちらも大切なことだと思いますが、実は、双方で共通する、良い結果を導き出すために必要なことが3つあります。今回は、まず、その3つのポイントについて、お話をしたいと思います。

【ポイント1】中長期的視野をもつ

 言い換えれば、1年後、3年後、5年後の目指すべき状態をイメージするということです。

  例えば、家計管理においては、1年でどれくらいためたいのか、5年後にどれくらいの資産を持っていたいのか、など、具体的に考えることが大切です。

【ポイント2】適切な計画を立てる

 ひたすら食べるのを我慢すれば一時的に体重は落ちますが、いずれリバウンドや体調不良などのネガティブな影響が出てきてしまうことになります。

 家計管理においても同様です。ひたすら支出を抑えれば、お金はたまります。お金はたまりますが、無理なペースで自分や家族の支出を抑制しても、継続できなければ意味がありません。自分や家族のストレスがたまり、そして、結果、挫折する悲しみを味わうことになるかもしれません。

【ポイント3】自分の立ち位置を確認する

 これは、ポイント(1)の「中長期的視野」やポイント(2)の「適切な計画」があってこそのポイントとなりますが、目標を達成するためのプロセスを楽しむ工夫をするということです。

 例えば、皆さんが山登りをすることを想像してみてください。

 足元ばかりを見て坂道をひたすら歩いているだけでは苦痛かもしれませんが、顔を上げて景色を楽しんだり、自分たちがたどってきた道を振り返って登ってきた高さを感じることができたりしたときは、喜びや楽しみを感じることができるかと思います。

 家計管理のプロセスも同様です。ひたすら貯蓄や節約の作業に没頭するのではなく、たまには、たどりつくべき目標に、順調に近づいていることを確認してみてください。