200以上の店舗が並ぶ羽田空港。さまざまなジャンルの商品がそろうが、帰省時の手土産選びで迷ってしまうことは多いもの。今回は、2017年8月以降に発売された新商品を中心に、羽田空港でしか買えない限定品や期間限定で販売されているおすすめ商品を紹介する(価格はすべて税込み)。

複雑な食感が楽しめるスイーツが急増中

「焼マシュマロ・タルト スモア バナナ味」(D&Nコンフェクショナリー)

 焼いたマシュマロとチョコレートをクラッカーでサンドした米国定番デザート「スモア」をもとに開発されたのが、焼きマシュマロのタルト。クリームチーズを練り込んださっくりとしたタルトに、ほろほろの焼きチョコレートと自家製のふわとろマシュマロをのせて焦げ目を付けた。常温では、もっちりとしたマシュマロとサクサクのタルトの食感が楽しめる。さらに、電子レンジで温めるとマシュマロが溶けて、とろっとした食感になるのもユニーク。12月22日に発売されたばかりの新商品はバナナ味。甘さとコク、ほど良い酸味が特徴の田辺農園バナナをフリーズドライ加工し、ベルギー産チョコレートと合わせて、本格的なスイーツに仕上げた。スモアファンはもちろん、新しいものに目がない人にもおすすめ。ANA FESTA限定。

「焼マシュマロ・タルト スモア バナナ味」(D&Nコンフェクショナリー、6個入り1080円)。ANA FESTA 羽田61番ゲート店、羽田65番ゲート店、羽田66番ゲートギフト店、羽田53番ゲートギフト店、羽田B1フロアギフト店、羽田到着ロビーギフトショップ、羽田北バスラウンジギフト店、羽田南バスラウンジギフト店、羽田国際ロビーギフト店、羽田国際 TOKYO SOUVENIR SHOP SOUTHで購入できる
[画像のクリックで拡大表示]

「カカオトロワ」(ラ・テール)

 こちらも12月19日に発売されたばかりの新製品で、「ガトーショコラをお土産にしたい」というニーズから生まれたショコラケーキ。しっとりしたやさしい口どけのショコラブラウニ-と、甘さ控えめのキャラメルにカカオ70%のハイカカオを合わせた濃厚なショコラキャラメル、カカオパウダ-と米粉をあわせてさっくりとした食感に焼き上げたショコラサブレを3層に重ねた。食べやすいキューブ型。常温でもおいしいが、冷蔵庫で冷やすと異なる食感でも楽しめる。ANA FESTA限定。

「カカオトロワ」(ラ・テール、4個入り1080円、9個入り2376円)。ANA FESTA 羽田61番ゲート店、羽田65番ゲート店、羽田66番ゲートギフト店、羽田53番ゲートギフト店、羽田B1フロアギフト店、羽田到着ロビーギフトショップ、羽田南バスラウンジギフト店、羽田国際ロビーギフト店、羽田国際 TOKYO SOUVENIR SHOP SOUTHで購入できる
[画像のクリックで拡大表示]

「ポ・ド・フロマージュ キャラメル サレ オ ポム」(横濱元町洋菓子研究所)

 横浜・元町にあるチーズスイーツ専門店が期間限定で羽田空港に出店中だ。羽田空港限定の「ポ・ド・フロマージュ キャラメル サレ オ ポム」は、食感を残した状態でコンポートした青森県産のふじ林檎とゲランド産の塩を加えたキャラメルを濃厚なチーズクリームに合わせ、パリパリに焼いたパイ生地をかぶせた、一見ポットパイのようなスイーツ。サクサクのパイとクリームの食感が楽しめる。1月9日まで販売予定。羽田空港限定。

「ポ・ド・フロマージュ キャラメル サレ オ ポム」(横濱元町洋菓子研究所、1個581円)。羽田空港国内線第1旅客ターミナル羽田スタースイーツで購入できる
[画像のクリックで拡大表示]

「ベイカーズカスタード」(ベイカーズカスタード)

 しっとりとしたカスタードをクッキー生地で包んで焼いた、ラム酒がほのかに香る大人向きのスイーツ。こちらも2つの食感を同時に味わえる。食べやすいキューブ型で、プレーンとショコラの2種。パッケージもおしゃれなので、プレゼントにも向く。羽田空港では1月9日まで販売予定。

「ベイカーズカスタード」(ベイカーズカスタード、4個入り648円、8個入り1296円、12個入り1944円)。羽田空港国内線第2旅客ターミナルのフードプラザで購入できる
[画像のクリックで拡大表示]