PIXTA
[画像のクリックで拡大表示]

 AI(人工知能)は急激に身近なものになっている。マネー管理、英会話、カロリーコントロール……。スキルや習慣を身に付けないとできない分野では、スマートフォン(スマホ)のAIアプリが強い味方になる。それぞれの分野で、AI搭載をうたうアプリは多数出ているが、なかでも特にAIが果たす役割が進化しているものを使ってみた。

外貨の値動きを予測

じぶん銀行 AI外貨予測(じぶん銀行)
[画像のクリックで拡大表示]
アルパカジャパンによる投資設計Webサービスの「アルパカアルゴ」。トレーダーによる判断パターンをディープラーニングによって学習して、予測している
[画像のクリックで拡大表示]

 マネー管理では、外貨や株価の予想にAIが活躍する。じぶん銀行は、投資アルゴリズムを開発するアルパカジャパンと提携し、「AI外貨予測」を共同開発。AIが過去の為替チャートを分析して1時間以内、1営業日以内、5営業日以内の値動きを、3種類のアイコンで予測を立てる。今後はディープラーニングを活用してより高度な予測が可能になり、それを基にした自動積み立てなどの進化が期待できる。

日経平均株価の周期変動を予想

Phantom AI 週間株価予報(財産ネット)
モデル画面。ネット証券会社を通じて利用できる
[画像のクリックで拡大表示]
青がファーストリテイリングの実際の株価。赤と黄色がPhantom AIによる予測
[画像のクリックで拡大表示]

 株価予想で注目されるのが、「Phantom AI 週間株価予報」だ。独自開発したPhantom株価予報AIエンジンが過去の株価チャートなどを機械学習して、1週間の値動きを予想。「過去1年間、225銘柄をテストして検証した結果、80%以上の確率で株価レンジを予測できた」(財産ネット代表・荻野調氏)。日経平均の他、個別銘柄にも対応。また同社は、マイクロソフトAzureと連係したAIチャットボット「Phantomエージェント」を7月から開始。自然言語からユーザーの意図を抽出し、チャットで株価などの情報を引き出せる。

支出の品目を自動で仕分け

マネーツリー(マネーツリー)
仕分け前
[画像のクリックで拡大表示]
すべての取り引き明細を「食費」「子供」などのカテゴリーに仕分け。間違えた場合は訂正すると、だんだん賢くなる
[画像のクリックで拡大表示]

 家計簿アプリの「マネーツリー」(マネーツリー)は、独自開発した機械学習のAIを支出の自動仕分けに使う。カードなどで買い物をした店舗名や金額をAIが自動判別し、何も手を加えなくても品目ごとに分けた家計簿が完成する。「品目が間違っていたらユーザーが訂正することで、AIの学習がさらに進む仕組み。サービス開始からデータが蓄積し、95%の精度に達した」(マネーツリーの山口賢造氏)。