酒好きな人にとって待ちに待った忘年会シーズン。毎晩のように酒席に参加しているという人もいるでしょう。この季節に注意したいのが、飲酒後の入浴。いわゆる「ヒートショック」によって、命が危険にさらされる可能性もあるのです。

酔っ払うと風呂に入りたくなる人は少なくない。だがそれは危険と紙一重だ。(c) PaylessImages-123RF
[画像のクリックで拡大表示]

 こんにちは、酒ジャーナリストの葉石かおりです。この忘年会シーズン、楽しくお酒を飲んでいますでしょうか。

 「酔っているときほどお風呂に入りたくなる」というのは私だけではないでしょう。お酒を飲むとなぜか気が大きくなって、「お風呂で汗をかいて酒を抜こう!」とやらかしてしまう、という話を酒好きの知り合いからも聞きます。でも、実際には汗をかいてもお酒は抜けません。

 実は私、1年ほど前の寒い日に、「命の危険」を感じる体験をしました。そう、酔った状態でお風呂に入ったのです。ただ、酔っているといっても前後不覚になるほどではありませんでした。記憶も意識もきちんとある状態で、冷えた体を温めようと、帰宅早々、44度のお湯をはった湯船に漬かったのでした。

 異変を感じたのは湯船に漬かって5分ほどしてから。頭がカーッと熱くなった後、全身が心臓になったかのような激しい動悸が起きました。そして慌てて湯船から出ようとして急に立ち上がった途端、今度はめまいに襲われたのです。

 水を飲み、しばらく脱衣所でうずくまっていたところ、なんとか症状は治まりました。あのときは本当に「私の人生はこれで終わりだ…」と感じました。俗に言う「ヒートショック」だったのです。

飲酒後の入浴はなぜNGなのか?

葉石かおり著、浅部伸一監修『酒好き医師が教える最高の飲み方』
[画像のクリックで拡大表示]

 飲酒時の入浴は、世間一般的にNGだといわれています。それは知っていたのですが、これまでひどい目にあったことがないため、ついつい繰り返していたのです。しかし、あの1年前の件で、もうこれはやってはいけないことなのだと心底痛感しました。あまりに恐くて、その後しばらくはお酒が飲めなくなったくらいでした。

 だが、飲酒後の入浴はどんな根拠でいけないといわれるのでしょうか? そして私自身が体験した激しい動悸やめまいは何が原因だったのでしょう。『酒好き医師が教える最高の飲み方』という私の著書のなかから、ヒートショックに詳しい横浜労災病院院長の梅村敏さんの話をここでは紹介します。