毎年恒例の英国最大の日本文化イベント「ハイパージャパン クリスマスマーケット」が、2017年11月24~26日の3日間にわたり、ロンドンで開催された。

 2010年にスタートしたハイパージャパンは日本食や日本の伝統文化をはじめ、音楽、ファッション、ゲーム、漫画やアニメ、コスプレまでを網羅し、日本のカルチャーに特化したイベントとしては来場者数・出展数ともに英国最多。毎年夏と冬の2回にわたって開催されるが、今夏開催されたイベントでは、およそ8万人が来場、約300の企業・団体・個人が出展したという。

 すっかりロンドンの恒例イベントになった感があるハイパージャパン。その様子をレポートする。

年々クオリティーが高くなるコスプレーヤーたち
[画像のクリックで拡大表示]
コスプレーヤーのジャンル、年齢の幅も広がっている
[画像のクリックで拡大表示]

 会場になったのは、ロンドン東部のタバコ・ドック。ヴィクトリア朝時代に輸入タバコを貯蔵していた倉庫を改築してイベント会場になった場所で、グレードⅠ建築物(第1級指定建造物)に指定されている歴史ある建物だ。会場内は、カルチャー、ファッション& Kawaii、ゲーム&アニメ、フード&ドリンクの4つのエリアに分かれており、それに加えて、ライブ演奏やパフォ―マンスが行われるハイパーライブ・ステージ、武芸などのデモンストレーションが行われるJ-カルチャー・ショーケース・ステージ、ワークショップが行われるハイパー・クリエイティブ・スタジオなどがある。

歴史的価値が高く、特別な許可がないと手を加えられないグレードⅠ建築物に指定されている「タバコ・ドック」が会場
[画像のクリックで拡大表示]