[画像のクリックで拡大表示]

 国内の掃除機市場において存在感を増しているのがコードレススティック掃除機(以下、スティック掃除機)だ。パナソニックの調査によると、2014年に約116万台だった市場規模は2017年には約217万台に拡大。世帯普及率は約68%で、「掃除機」といえばスティック掃除機を指す時代になりつつある。

 大手メーカーのスティック掃除機は基本的にサイクロン式だが、2017年6月にはパナソニックが紙パック式を採用したモデルを発売。「50~60代は紙パック式を好む人が多い。この層にもついにスティック掃除機が浸透してきたことから開発に踏み切った」(パナソニック)という。では、どちらが使いやすいのか。パナソニック「iT(イット)シリーズ」の紙パック式とサイクロン式で「同門対決」した。

価格は2017年9月時点
[画像のクリックで拡大表示]

吸引力に差はない

 同シリーズは、グリップ部分をひねるとT字形のヘッドがI字形になる、隙間掃除に向いた掃除機で、2016年に初代モデルを発売。17年6月に発売されたのは、サイクロン式の「MC-SBU510J」(以下、サイクロン式)と紙パック式の「MC-PBU510J」(以下、紙パック式)。紙パック式は、サイクロン式よりも本体部の幅が約2cm、重さが約100g増えただけで、ダストボックス部分以外のデザインはほとんど同じだ。

通常はT字形のヘッドで掃除を行う
[画像のクリックで拡大表示]
グリップ部を返すと幅5cmのI字形になり、狭い隙間にも入れられる
[画像のクリックで拡大表示]
約20μm程度の微細なゴミを検知すると「ハウスダスト発見」のLEDが点灯し、吸引力が高まる
[画像のクリックで拡大表示]
壁に当たるとヘッド部分の前面が上に持ち上がり、隅にたまったゴミをブラシでかき取る仕組み
[画像のクリックで拡大表示]
延長管を外すことでハンディスタイルにもなる
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
握りやすいグリップデザインを採用。掃除する場所に合わせてさまざまな持ち方ができる
小麦粉などの疑似ゴミをカーペットやフローリングにまき、ヘッドを一度通過させて残ったゴミの量を見た。モードは「自動」
[画像のクリックで拡大表示]

 実際にフローリングとカーペットの床に小麦粉やコーヒー粉などをまいて吸引テストを行ってみた。やや湿り気のあるコーヒー粉を吸い込むテストではサイクロン式よりも紙パック式のほうが僅かに勝る印象だったが、全体的な吸引力という点では実力はほぼ同等。「集じん部の仕組みに違いはあるが、同じモーターを使うなど掃除機としての性能に変わりはない」(パナソニック)という。


[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
写真では見づらいがサイクロン式、紙パック式とも疑似ゴミがやや残った。強モードでヘッドを往復させたところすべて吸引した