中央大学多摩キャンパスの握りずし(500円)
[画像のクリックで拡大表示]

 「質より量」という学食のイメージが、変わってきている。街なかのレストランで出てくるような本格メニューが食べられるのだ。一般客も利用でき、質、量、低価格の三拍子がそろった「わざわざ行きたい」学食が増えている。

 中央大学多摩キャンパスは、1階から4階までビル1棟に飲食店がひしめく。注目は、握りずし10貫セットだ。エビ、サーモン、マグロなど定番のネタがそろって、1皿500円で食べられる。

 東京大学柏キャンパスの目玉は、540円の日替わり海鮮丼。火曜日の本マグロ丼が人気で、午前11時半の開店から2時間で約150人が詰めかける。全国の学食を食べ歩く早稲田大学学食研究会のイチ推しは、千葉商科大学。メイン料理を1つ、小鉢は2つ選べ、スープとライス付きで550円。ゆったり過ごせる空間で「従来の学食のイメージを覆した」(同研究会の奥田晨生幹事長)。

 学費に次いで家計の負担がかかるのが食費。安くて栄養満点のメニューが充実しているなら、親も安心だ。

[注]価格は税込み

中央大学、500円にぎりずしにビュッフェも充実

[画像のクリックで拡大表示]

 多摩キャンパスでは、握りずしが10貫500円。量り売りビュッフェもある。ハンバーガーから和食まで、4階建てのビルにさまざまな飲食店が入り、選択肢が広い。

東京大学、柏キャンパスに本格寿司店

[画像のクリックで拡大表示]

 柏キャンパスにはすし店「お魚倶楽部はま」があり、日替わり海鮮丼が540円で食べられる。火曜日限定の本マグロ丼は特に人気で、すぐ満席に。日本酒も豊富にそろう。