紳士服大手の青山商事が2017年10月に「走れる革靴」を発売した。注目はブリヂストンが初めて手掛けた紳士革靴専用アウトソールを採用していること。タイヤ業界で圧倒的なシェアを持つブリヂストンならではの「水はけの良さ」「滑りにくさ」を売りにしている。

 “走れるビジネスシューズ”としては、登場からすでに20年以上たつアシックスの「ランウォーク」シリーズが有名だが、なぜ洋服の青山がブリヂストンと組んで走れる革靴を出したのか。

青山商事の「【外羽根式】【ブリヂストン】ストレートチップシューズ(IMBS-02)」(1万6000円)。カラーはブラックとブラウンの2色
[画像のクリックで拡大表示]

滑りにくいことを分かりやすく表現したかった

 走れる革靴を担当した青山商事の若山陽一氏は、2011年3月11日に東日本大震災以降、歩ける革靴の必要性を感じていたという。スニーカーは確かに歩きやすいが、青山に来店するのはスーツを着用するビジネスパーソンが多く、どちらかというとスニーカー通勤には抵抗がある層だからだ。

 「ビジネスパーソンが抵抗なく履ける、いざというときに走りやすい革靴が必要だと考え、企画を考え続けていた」(若山氏)。同社ではスニーカー感覚のビジネスシューズすでにあり、履きやすいと顧客に好評だった。しかし、革靴で歩いたり走ったりすると滑りやすいというイメージは根強かったという。そこで「分かりやすくメリットを感じてもらえるように、クルマに使われるタイヤの技術を採用できないかと考えた」(若山氏)。そこでブリヂストンに協力を依頼したのが2015年のことだ。

 開発にあたってブリヂストンには細かいオーダーを出さず、「技術を信頼して任せるスタンスを取った」という若山氏。とはいえアウトソールの完成までには半年を要した。「分厚くならないように、なおかつ歩きやすくするためのソールの素材の配合に苦労したと聞いている」。詳しい素材の配合率などは非公表だが、出来上がってきたアウトソールはブリヂストンのゴム配合技術によって歩行時のグリップ力が大きく高まり、「弊社の従来商品のアウトソールに比べて湿潤路面でのグリップ力が約60%、乾燥路面でのグリップ力も約20%向上した」(若山氏)。これに役立ったのがブリヂストンのトレッドパターン(タイヤの接地面に刻んだ模様)技術。水分が外側に排水されるようなデザインになっている。

アウトソールはブリヂストンのタイヤ技術を採用。トレッドパターン(タイヤの接地面に刻んだ模様)技術とゴム配合技術により、湿潤路面でのグリップ力が約60%、乾燥路面でのグリップ力も約20%向上しているという
[画像のクリックで拡大表示]