[画像のクリックで拡大表示]

 「2017年下半期は『男梅ふりかけ』がヒット確実?」でバイヤーによる予測を、「革新的食材『NEOジャパニーズ』 肌が潤うきなこ?」では新しいキーワードとして「NEOジャパニーズ」を紹介した。下半期にもう一つ目立ったのが、ありそうでなかった利便性を提案する「技あり『感嘆・便利』」商品だ。共働き世帯の増加で時短が求められる一方で、レンジ調理ではないひと手間をかけ、達成感を得たいという心理がある。

冷凍ストック名人シリーズ(正田醤油)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、正田醤油の「冷凍ストック名人」は、キーマカレーやプルコギなどの調味液が入ったチャック袋にひき肉や豚肉を入れ、冷凍保存するもの。液が凍りつく間に味が染み込み、調理する際はそのままフライパンで加熱するだけで1品が完成する。「スーパーの特売で買いだめしたひき肉を有効活用でき、忙しい共働き世帯の負担軽減にも役立つ」(正田醤油)という狙いだ。同社の女性社員が開発しただけに、チャック袋で冷凍したものは一般的な直径26cm程度のフライパンにちょうど収まるサイズ。袋には保存期間を書く欄があるなど、随所に工夫が光る。

調味液が入ったチャック付きの袋を開け、ひき肉を投入。軽くもみ込んで冷凍庫に入れるだけ
[画像のクリックで拡大表示]
袋の裏面には、冷凍後に小分けで使いやすいよう、菜箸などで痕を付けるためのガイド線もある
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
記者が実食
 タコライスの素を使ったホットサンド。キーマカレーも試したが、子供も食べられるマイルドな辛さ。いずれも濃いめの味付けで、ご飯にも合う