お歳暮や忘年会など、何かとお金が出ていく年末。パートナーや子どもにはクリスマスプレゼントを買っても、自分の買い物は後回しという男性ビジネスパーソンは多いことだろう。

 今回はそんな男性向けに、子ども用クリスマスプレゼントの提案。といっても、ありきたりな子ども向け玩具ではなく“便乗型”、つまり子どもへのクリスマスのプレゼントを隠れみのに、大人が買いたくなるようなひねりの効いたブツをピックアップして紹介する。

 大人も子どもも楽しめる玩具は、絶好のコミュニケーションツールになる。帰省時のお土産や、子どものいる友人宅へのプレゼントとしてもお薦めだ。

任天堂「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」

ソフト30タイトル収録! 入手困難、でもほしい…

任天堂「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」(5980円)
[画像のクリックで拡大表示]

 いまちまたで大人気となっているミニサイズのファミコン。手のひらサイズの本体に『スーパーマリオブラザーズ』『ゼルダの伝説』『グラディウス』といった誰もが知る往年の名ソフト30タイトルが収録されている。筆者もそうだが、現在、小学生以下の子どもを持つ親の多くは幼少期にファミコンに夢中になった世代だ。1983年に登場した初代ファミコンをそのまま縮小したような筐体やパッケージデザインを採用するクラシックミニはそんな世代のコレクターズアイテムとしての魅力もある。しかしまるで実写のようなCGがグリグリ動く現代のゲームに慣れた子どもが果たしてファミコンゲームなんぞ楽しめるのか? 筆者自身もかなり久しぶりにファミコンソフトをプレーしてみたが、その心配はまったくないと確信した。

初代ファミコンをそのまま手のひらサイズにしたようなルックスが当時を知るアラフォー世代のハートをわしづかみ。ソフトは内蔵されているので筐体の上から差すことはできないが、左が電源スイッチ、右がリセットボタンという配置もそのまま。どのソフトでもプレイ中にリセットボタンを押すことで進行状況を保存できる機能が追加されている
[画像のクリックで拡大表示]
コントローラーのサイズが思いのほか小さかったが、実際にプレーしてみると操作性は良好。IIコントローラーに搭載されていたマイクはダミー
[画像のクリックで拡大表示]

 当時の(名作といわれる)ファミコンゲームは機器の性能的な制約からグラフィックやサウンドこそ貧弱だが、ゲーム性や演出といった「本質」が伝説的なゲームクリエイターたちの手によってとことん磨かれている。ノスタルジーだけにとどまらない普遍的な面白さがあるのだ。グラフィックにしても、リアリティーという意味では現在のCGとは比べようもないが、最小限のドットであらゆる物体を表現する見事な職人芸だ。どのソフトもシステムや操作がシンプルでとっつきやすく、親子で遊ぶにはむしろ現在のゲームよりも優れているかもしれない。

 そういえば筆者もファミコン全盛だった小学生のころ、担任の教師に本将棋のルールを教えてもらい、「こんな面白いゲームがあったのか」と感動した記憶がある。あれから30年あまり。ファミコンもそのポジションに就いたということなのだろう。

「グラディウス」(1986年発売/KONAMI)。横スクロールシューティングゲームの傑作。多種多様なパワーアップを任意で選択できるシステムが画期的だった。BGMも高い評価を受けたソフトなので、その辺りもじっくりと楽しみたい
(C)Konami Digital Entertainment
[画像のクリックで拡大表示]
「魔界村」(1985年発売/カプコン)。回転率が重要視されるアーケードゲーム(ゲームセンターに置かれる業務用ゲーム機のこと)からの移植作品ということもあり、高難易度で知られた横スクロールアクション作品。筆者の衰えた反射神経では1面中盤で登場するレッドアリーマー相手に屍の山を築くハメに
(C)CAPCOM CO., LTD. 1986, 2016 ALL RIGHTS RESERVED.
[画像のクリックで拡大表示]