ミランダ・カーとコラボした「オーガニックみそパウダー」
[画像のクリックで拡大表示]

 これからブレークしそうな食品には何があるか。「次にブレークする食品は? ガッツリ系加工食品に注目」でバイヤーによる予測を紹介した。日経トレンディ編集部は新商品を見渡してさらに新たなキーワードを抽出。その一つが「NEOジャパニーズ」だ。

湯にサッと溶けて使いやすい粉末味噌

オーガニックみそパウダー(マルコメ)
ブレーク予測★★★★

粉末味噌は以前からあるが、「野菜だし」は珍しい。実勢価格は各1300円前後(税別)
[画像のクリックで拡大表示]

 NEOジャパニーズを代表するのは、マルコメが海外人気モデルのミランダ・カーとコラボし、2017年8月に発売した「オーガニックみそパウダー」(かつお昆布だし、野菜だし)。

 「『より手軽に味噌を料理に取り入れたい』という意向」(マルコメ)を受け、有機大豆のダシ入り味噌をフリーズドライし、微粉砕した。湯にサッと溶けてそのまま味噌汁として飲めるのが利点。新味のある野菜だしは、かつお昆布だしよりあっさりしていて飲みやすい。サラダに振りかけたり、野菜炒めや肉料理の隠し味として入れたりと応用範囲は広く、余計な水分が加わらないぶん、普通の味噌よりも使い勝手がいい。容器は2方向に開くキャップで便利。1本200g入りで味噌汁なら約25杯分になる。

記者が実食:味噌の風味はサラダにかけてもよく合う。より優しい味わいの「野菜だし」がマッチする印象
[画像のクリックで拡大表示]