[画像のクリックで拡大表示]

 オーディオの「アイワ」「ナガオカ」や、クルマの「シビック」など、かつての人気ブラントを復活・再生する動きが活発だ。勝算はどこにあるのか。知名度や単なる懐かしさに終わらない、今の時代を見据えた技術や製品戦略を、AV評論家の折原一也氏の製品評価も交えながらリポートする。

国内ブランドと海外製品のはざま狙う

 家電ブランドの「アイワ」が復活すると聞いて、なぜか、うれしい気分になった人も少なくないだろう。90年代までのアイワは、それほど身近で親しみやすいブランドだった。

発売予定のCDラジカセのイメージ。デザインは旧アイワ製品を彷彿とさせる
[画像のクリックで拡大表示]

 海外にも製造拠点を設けるEMS(電子機器の受託生産)の十和田オーディオ(秋田県小坂町)は、ソニーからアイワの商標の使用権を取得。同名の会社を設立して、2017年11月の製品発売に向けて準備を進めている。アイワの三井知則社長は、「当初のターゲットは、アイワを知る40~60代」と語る。日本メーカーの安心感とアイワの親しみやすさを武器に、高価格の大手国内ブランドと、格安の輸入製品との間の空白ゾーンに製品を打ち出す。

 2011月に発売するのはラジカセ、レコードプレーヤー、CDラジオ、ネットワークスピーカーなどだが、懐かしさに訴えるだけではなく、新技術を投入して機能や使いやすさを高める。さらに、BSで4K放送が始まる2018年は、チューナーやアンテナの仕様が大きく変わることから、新規格に対応した4Kテレビの発売を計画する。

 船井電機もフナイブランドで国内に再参入した。2017年6月から、4K対応テレビなど5シリーズ11モデル、ブルーレイレコーダー4モデルをラインアップし、ヤマダ電機で独占販売を開始した。特に4Kテレビは、映像表現を高めるHDRに対応する他、録画用HDDを内蔵し、異例の3年保証も付けた。価格は「他社の同等レベルの製品と比べて録画機能を備えていることから、リーズナブルな設定になっている」(ヤマダ電機)という。

4K対応液晶テレビ「FL-55UA6000(55V型)」実勢価格28万584円(税込み)
[画像のクリックで拡大表示]
試した!
録画用のHDDを3TB内蔵し、買ってきてすぐに録画できるのはアドバンテージだ。色の表現力や精細感もまずまず。輝度を広げるHDRにも対応するし、肌色や赤の表現もきれいだ。ただ、大手メーカーの上位モデルが採用しているローカルデミング(LEDバックライトのエリア制御)には対応していないため、部屋を暗くして見ると黒の表現力で譲る。音質はスピーカーの方向が下側に向いているため、多少くぐもって聞こえる。(AV評論家・折原氏)

ブルーレイディスクレコーダー「FBR-HT2000」実勢価格6万4584円(税込み) 4Kテレビと同時発売されたのがブルーレイ4製品。スマホでテレビ放送や録画番組を視聴できるのが特徴だ
[画像のクリックで拡大表示]

 船井電機の上島誠管理本部長は、「エコポイントで売れたテレビの買い替え需要が18年頃から始まる」と話す。2018年には有機ELテレビの発売も予定。「今、国内のテレビメーカーは体力を落としている」と上島氏。中国製の格安モデルの登場や、海外資本の傘下に入る国内メーカーもあるなかで、日本ブランドを打ち出し、消費者の安心感に訴えることで、2020年には国内市場のシェア20%を目指すという。

ハイレゾ対応で復活宣言

 2014年9月にはパナソニックが、2010年に販売を終了していた自社のオーディオブランド「テクニクス」の復活を宣言し、話題となった。テクニクスの製品開発に取り組むパナソニックの井谷哲也氏は、テクニクスを復活させた理由について、「ハイレゾの普及やネット環境の充実で音楽の楽しみ方の幅が広がった。ハイレゾ環境により、音質への信頼があるテクニクスブランドが生きると考えた」と振り返る。