[画像のクリックで拡大表示]

 男梅ブランドの初加工商品コラボとして登場した「男梅ふりかけ」や、新容器の具入り合わせ調味料「CUPCOOK」など、2017年下半期は新機軸の新商品が豊作だ。

加工食品部門の入賞商品
[画像のクリックで拡大表示]

 上の表は、大手食品卸の日本アクセスがまとめた「バイヤーズグランプリ」加工食品部門の入賞商品。スーパーやコンビニの敏腕バイヤー100人超が商品を試食し、「品ぞろえしたい!」と投票したものだ。それぞれどんな狙いで開発された商品なのか、その実力は本物なのか。日経トレンディ編集部が加工食品の1位と2位のブレーク予測を試みた。

菓子の強力ブランドとふりかけでコラボ

加工食品1位:男梅ふりかけ(大森屋)
ブレーク予測 ★★★★
ふりかけは実勢価格200円前後(税別)
[画像のクリックで拡大表示]
茶漬は6袋入りで同220円前後
[画像のクリックで拡大表示]

 梅干しの酸っぱさと、甘じょっぱさの絶妙なバランス感で人気を博すノーベル製菓の「男梅キャンデー」。グミやタブレットといったシリーズ商品全体のここ最近の売り上げは120%超で推移し、07年の発売以降、いまだに好調を維持している強力ブランドだ。

 13年には初のコラボ商品となる「サッポロ 男梅サワー」(サッポロビール)を通年商品として発売。甘じょっぱい缶酎ハイとして、目新しさから大きな話題を呼んだ。そして、加工食品初のコラボ商品として8月に登場したのが、のり大手の大森屋が手がけた「男梅ふりかけ」と「男梅茶漬」だ。

記者が実食:男梅ふりかけを試食すると、味の再現性の高さに驚く。濃厚な梅干し風味に加え、シジミや昆布、のりベースのうまみもある
[画像のクリックで拡大表示]

 いずれも「30回以上試作を重ねた」(大森屋)というだけに、男梅らしい濃厚な梅干し感と、ガツンとくる塩味の再現性は抜群。ふりかけでは、フリーズドライの梅干し2種類や梅味のゴマなどをブレンドしており、茶漬では、湯に溶ける梅味の粉末を加えたことで、汁を含めてガッツリ男梅風味を楽しめる。どちらもご飯によく合い、コラボの意外性だけではない実力派だ。

 「男梅ブランドは女性や若年層からの支持も厚く、ふりかけや茶漬のユーザー層との親和性も高い」(大森屋)といい、試し買いが進みそうだ。また、濃い梅味でリフレッシュ感を得られることから、今後、受験生の夜食としても茶漬をアピールする構えという。