BMWの新型クロスオーバーSUV「BMW X3」。税込み639万~710万円
[画像のクリックで拡大表示]

 BMWは2017年12月、フルモデルチェンジし3代目になったクロスオーバーSUV「X3」の日本での納入を開始する。X3はBMWがSAV(スポーツ・アクティビティー・ビークル)と呼ぶ「Xシリーズ」のミッドサイズモデルだ。発売は10月19日で、価格は639万~710万円。

 このクラスの輸入車SUVはフルモデルチェンジが相次いでおり、特にライバル車であるアウディ「Q5」が10月2日、ボルボ「XC60」が10月16日に日本で発売されたばかりだ。売れ筋カテゴリーということもあり各社早いタイミングで日本に導入を開始しており、X3も本国で6月に発表され、本国のラインアップもまだ6モデルすべてがそろっていない段階での日本発売となった。このため12月に納入されるのは人気の高いクリーンディーゼル仕様の「xDrive 20d M Sport」のみ。その他の仕様は2018年早々に導入予定となっている。なお2代目X3では、販売の8割がクリーンディーゼル仕様だったといい、新型も同様の比率になると見られる。

12月の納車は人気の高い「xDrive 20d M Sport」のみ
[画像のクリックで拡大表示]

 X3は2003年に初代が発表されて以来、グローバルでの累計販売台数は約150万台を超え、日本では2004年の発売以来、約3万台を販売したという。「X1」、X3、「X4」、「X5」、「X6」と5種類あるBMW Xシリーズ全体の販売台数のうちX3は30%以上を占める売れ筋モデルとなっている。

「xDrive 20d M Sport」以外のガソリン車を含むモデルは2018年早々に納車予定
[画像のクリックで拡大表示]