手ごろなトリュフ専門店のオープンが話題になった2017年夏(関連記事:格安「トリュフ料理専門店」増殖中 ラーメン店風も)。この秋は、トリュフを使った食品の発売も相次いでいる。キッコーマン食品は2017年8月21日、トリュフとポルチーニを使用したステーキ専用ソース「キッコーマン ステーキしょうゆ トリュフ&ポルチーニ風味」を発売。日清食品チルドは、「日清の太麺焼そば トリュフ香るバター醤油味」を2017年9月1日に発売した。

 ポテトスナックやポップコーンなどのトリュフ風味は珍しくなくなったが、去年から今年にかけてはさらに広がりを見せている。2016年12月には亀田製菓が「亀田の柿の種」のコンセプトショップ「TANEBITS」(タネビッツ)から「クラックピーナッツ 白トリュフ塩仕立て」(以下、クラックピーナッツ)を発売。東ハトは2017年7月、白トリュフ塩を使用した「ポテトリュフ・トリュフ塩味」と黒トリュフ塩を使用した「ポテトリュフ・トリュフバター味」を発売(どちらも現在は終売だが、リニューアル発売を検討中)、さらに10月には黒コショウとトリュフソルトを利かせたチェダーチーズ風味のクッキー「ソルティ・焦がしチーズ」を発売している。

 世界三大珍味のトリュフがなぜ今、しょうゆ、焼きそば、ピーナッツ、クッキーといった身近な食品にこれほどまで使われているのか。また本当にトリュフの香りが楽しめるのか。

焼いた肉にかけるだけでトリュフとポルチーニ風味のステーキができる「キッコーマン ステーキしょうゆ トリュフ&ポルチーニ風味」(希望小売価格350円)。イタリア産の黒トリュフとフランス産の食塩をブレンドした特製トリュフ塩と2種類の香料(フレッシュ感のあるものと調理感のあるもの)を併用している
「日清の太麺焼そば トリュフ香るバター醤油味」(2人前、希望小売価格229円)。しょうゆ味をベースにトリュフとバターの風味を利かせている
[画像のクリックで拡大表示]
亀田製菓から柿の種シリーズの高級バージョンとして発売された「TANEBITS クラックピーナッツ 白トリュフ塩仕立て」(15g×6袋、500円)。1カ月程度と収穫期間が短く、市場にあまり出回らない白トリュフを使用
[画像のクリックで拡大表示]
白トリュフ塩を使用した「ポテトリュフ・トリュフ塩味」と黒トリュフ塩を使用した「ポテトリュフ・トリュフバター味」(参考小売価格は各148円)は東ハトから2017年7月に発売された(現在は終売だが、リニューアル発売を検討中)。「トリュフを食べたことがない方にも興味を持っていただき、高い評価をいただくことができた」(東ハト)
[画像のクリックで拡大表示]
「ソルティ・焦がしチーズ」(10枚入り、198円)はチェダーチーズを練り込んだ生地に黒コショウ、イタリア産トリュフソルトを利かせたソフトタイプのクッキー。フランス料理などでチーズとトリュフを合わせたものが人気であることに着目し、ワインのつまみにもなるような味わいを目指したという
[画像のクリックで拡大表示]