未経験者でも老若男女誰でも踊れるダンスプログラム体験

2日目は、ハウステンボスの中心、タワーシティプラザに会場を移し、TRFのSAMさんが考案したプログラム「ダレデモダンス」を体験。日ごろ運動不足だな、という高齢者でも無理なく体を動かすことができるダンスで、リズムに合わせて踊る楽しいひとときになりました。

[画像のクリックで拡大表示]

TRF SAMさん 講座「SAMの健康イージーダンス体験」

[画像のクリックで拡大表示]

 1992年にTRFとしてデビューしたSAMさんが、ダンス未経験の人や幅広い年齢層の人に向け、健康増進のために考案したのが、分かりやすくて踊りやすい「ダレデモダンス」です。今回はそのスペシャル版、「SAMの健康イージーダンス体験」としての開催。

 最初は椅子に座った状態で、各部位をストレッチ。体が温まったところで立ち、TRFの楽曲『Love & Peace Forever』に乗せて、レッスンスタート。腕、首、足などをねじったり、クロスしたりすることで、筋力強化や転倒防止、さらには認知症予防に効果もあるようです。最後には、参加者の皆さんも1曲通しで踊り切り、「いい運動になった」「脳トレになった」という声が上がりました。

ダレデモダンスの監修を行った岩槻南病院の丸山泰幸院長(写真右)は、実はSAMさんのいとこ。SAM家は医師一家だそう。
[画像のクリックで拡大表示]