ユニクロがついに、マタニティー分野に参入。全国200店以上の大型店などで、2017年8月28日からマタニティーアイテムの販売を開始した(7月24日から新生児向けアイテムも販売)。マタニティーアイテムとして発売したのは、体形の変化に伴って必要となる伸縮性の高いショーツ、おなかへの負担が少ないジーンズやレギンスパンツなど計4商品。

 マタニティーウエアは出産前のごく短期間しか着用しないので、お金はかけたくないと考える女性が多い。しかし体に負担をかけずに快適に過ごせる機能性も重要だし、おしゃれもあきらめたくないとなると、低価格で条件を満たすものを探すのはラクではない。そのため、品質と価格のバランスが良いユニクロのマタニティー商品を求める声はこれまでも多かった。しかしなぜかこれまで、ユニクロではマタニティー専用品を販売してこなかった。

 H&MやZARA、GAP、無印良品がマタニティーウエアを販売していることを考えると、後発のユニクロはかなり不利なようにも見える。なぜ今、発売したのか。またいったいどこに勝機を見いだしたのか。

「マタニティウルトラストレッチジーンズ」(3990円)は、ユニクロの人気定番商品である「ウルトラストレッチジーンズ」のマタニティー仕様
[画像のクリックで拡大表示]
「マタニティレギンス」(1500円)は食い込みにくく、はき心地も快適だという
[画像のクリックで拡大表示]
ニット素材で伸縮性が高い「マタニティレギンスパンツ」(2990円)。おなかの大きさに合わせてウエストアジャスターでサイズを調節できる
[画像のクリックで拡大表示]
よく伸びる素材でおなか回りを締め付けにくく、それでいてフィットする「マタニティショーツ(ハイライズ)」(790円)。肌面の縫い目を減らしてなめらかな肌ざわりにしている
[画像のクリックで拡大表示]