2017年2月に三越伊勢丹とカルビーの協業で開催し、話題を呼んだ流通菓子の期間イベントショップ「Yesterday’s tomorrow」(関連記事:「カルビーが百貨店に“懐かし菓子専門店”を作った理由」)。カルビーがその常設店として「Yesterday’s tomorrow ルミネエスト新宿店」を2017年10月28日にオープンした。約178平米の店舗に、日本各地のメーカー約120社の菓子を約800点集めた。

「Yesterday’s tomorrow ルミネエスト新宿店」(ルミネエスト新宿地下1階)。営業時間は平日が11~22時、土日祝日が10時半~21時半。場所はJR新宿駅中央東口改札近く
[画像のクリックで拡大表示]

 目玉は、季節ごとにコラボメーカーやメニューが替わる「出来立てキッチン」。オープン日から2018年2月14日までは森永乳業のひと口アイス「ピノ」のデコレーションバージョンや、カップアイス「MOW(モウ)」のソフトクリームなどのスペシャルメニュー、ギンビスの「たべっ子どうぶつ」のビッグサイズをできたてで提供する。

森永乳業のアイス「MOW」を使った「MOW ソフトクリーム」(税込み480円、以下、価格は全て税込み)。MOWの開発当初の狙い「牧場で食べるソフトクリームのようなアイス」を具現化したような商品。濃厚なコクとすっきりしたミルクの味わいが特徴。カップかコーンが選べる
[画像のクリックで拡大表示]

 菓子コーナーの注目は約200種類の個包装菓子を量り売りする「ぐるぐる」。選んだ商品は店内の包装機でラッピングし、オリジナルのギフトを作ることもできる。

約200種の個包装菓子を量り売りで買える「ぐるぐる」
[画像のクリックで拡大表示]
カルビーの工場で使っているものと同型の包装機でラッピングできる
[画像のクリックで拡大表示]

 店内で販売する他社の菓子は全て店舗を運営するカルビーが買い取っており、「そのための物流体制を構築するのが大変で、準備に約1年半かかった」と同店を企画したカルビー上席執行役員の鎌田由美子事業開発本部長は話す。一体なぜ、同社はそこまでの時間と手間をかけて、他メーカーの菓子を売る店を出したのだろうか。