高性能化する250ccロードスポーツ

[画像のクリックで拡大表示]

 コンパクトで十分な性能が確保でき、車検がないため維持費の安い250ccクラスは、今も昔も人気のカテゴリー。1980年代から1990年代にかけてはレーサーレプリカなどが大人気で、2000年代にはビッグスクーターのブームがあった。これも人気の中心は250ccクラスだ。

 今回のモーターショーで、カワサキは新型の「Ninja(ニンジャ)250」を出展した。エンジンからフレーム、スタイリングまで刷新されたニューモデルであり、2008年に登場した「Ninja 250R」から数えて3代目のモデルとなる。大幅にパワーアップされ、さらに軽量化も進んでいる。

新型のカワサキ「Ninja 250」。性能アップはもちろん、よりシャープなデザインになり、質感も向上
[画像のクリックで拡大表示]
「Ninja250」はヘッドライトが2眼なのは先代と同じだが、下部が奥まった逆スラントになり、彫りが深くなった
[画像のクリックで拡大表示]
中央に丸型のタコメーターが置かれ、左右にインジケーターやスピードメーターを配置
[画像のクリックで拡大表示]

 従来のNinja 250も大変な人気モデルであり、若いライダーはもちろん、昔バイクに乗っていたというリターンライダーからも高い評価を受けている。そのNinjaがモデルチェンジした理由のひとつは、ライバル車の追撃にあるのは間違いない。これについては下の表を見てもらうのがいいだろう。価格は消費税別の本体希望小売価格、各2行めは、最高出力、最大トルク、車重の順だ。

カワサキ「Ninja 250」
発売:2013年2月 51万2000~59万4000円
23kW(31PS)/1万1000rpm 21N・m/8500rpm 172kg(ABS 174kg)
ヤマハ「YZF-R25」
発売:2014年12月 51万5000~55万5000円
27kW(36PS)/1万2000rpm 23N・m/1万rpm 166kg(ABS 168kg)
ホンダ「CBR250RR」
発売:2017年4月 70万~76万7000円
28kW(38PS)/1万2500rpm 23N・m/1万1000rpm 165kg(ABS 167kg)
スズキ「GSX250R」
発売:2017年4月 48万8000円
18kW(24PS)/8000rpm 22N・m/6500rpm 178kg
カワサキ 新「Ninja 250」
発売未定 価格未定
28.5kW(39PS)/1万2500rpm 23.5N・m/1万rpm 167kg(ABS付き)

 ヤマハ「YZF-R25」はNinjaよりも格段に最高出力を上げ、最新のホンダ「CBR250RR」は、さらにそれを上回った。本家ともいえるカワサキが黙っているわけにいかないだろう。ちなみに今回発表されたNinja 250は、「海外向けモデル」と記されていた。日本で発売されないはずはないが、スペックは若干変更されるかもしれない。

 「スズキはどうしたんだ?」という声が聞こえてきそうだが、たぶん、本格的なモデルを別に用意しているはずだ。スズキの最高峰スポーツバイクには「GSX-R」の名が付けられるのが常。「GSX250R」と「GSX-R250」は別物なのである。今回のモーターショーでのお披露目を予想したが、残念ながら見ることはできなかった。

ホンダ「CBR250RR Customized Concept」。「CBR250RR」はすでに市販されているため、ショーではカスタマイズモデルを展示
[画像のクリックで拡大表示]
ポジションランプが白いカウルに覆われるため、通常モデルよりスマートに見える
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のNinja 250は「Ninja 400」と同時に開発された。250と同じ車体に、よりパワフルな400ccエンジンを搭載したモデルだ。もちろん車検が必要になる排気量だが、このところスポーツモデルの少ない400ccクラスに新風を吹き込む可能性が高い。

カワサキ「Ninja 400」。最高出力は33.4kW(45PS)/1万rpm、最大トルク38.0N・m/8000rpm、車重は168kg
[画像のクリックで拡大表示]
少々分かりづらいが、フロントに合わせてリアのデザインもシャープに。250も同じデザイン
[画像のクリックで拡大表示]