2年に1度の世界規模の自動車ショー「東京モーターショー」が開催中だ。11月5日までの期間中に会場を訪れるチャンスがあったら、何を見るべきか。国内外メーカーのブースの中から、近い将来に発売される可能性が高い新型車と、注目のコンセプトカーをピックアップする。まずは国産車からスタート。

トヨタを象徴する「クラウン」と「センチュリー」

市販目前のモデルも並んだトヨタブース
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタはブランドを象徴する2台に注目。「クラウンコンセプト」はコンセプトと名付けられてはいるが、スタイルはほぼこのままの形で2018年夏の発売が予告されている1台だ。今までのクラ ウン像を刷新するスポーツセダンになるという。チーフエンジニアが「日本専売車だが、世界に出しても恥ずかしくない完成度」と言うだけに期待が高まる。

2018年夏の発売が予告されている「クラウンコンセプト」こと新型クラウン
[画像のクリックで拡大表示]
新型「クラウン」はスタイルはほぼこのままで発売される予定という
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1台はトヨタのフラッグシップセダン「センチュリー」3代目のプロトタイプだ。日本のエグゼクティブが愛用し続ける和のイメージをまとった高級セダンは、同社の高級車ブランド、レクサスのフラッグシップセダン「LS」とは異なる独自の魅力と存在感がある。レトロな雰囲気からは、和製ロールスロイスとも呼びたくなる。こちらも2018年半ばに発売予定だ。

2018年半ば夏にも発売予定の3代目となる新型「センチュリー」のプロトタイプ
[画像のクリックで拡大表示]
「センチュリー」のフルモデルチェンジは50年間で2度目
[画像のクリックで拡大表示]

 このほか、トヨタのスポーツカーブランド、GRのスポーツタイプのコンパクトハッチバック(ホットハッチ)「ヴィッツGRMN」は、2018年春ごろに台数限定で販売予定だという。即完売が予想されるので、スポーツカー好きなら見ておいて損はない。

スポーツカーブランド、GRの「ヴィッツGRMN」。フランスで生産され、日本へ輸入される予定
[画像のクリックで拡大表示]

フルラインアップをチェックできるレクサス

[画像のクリックで拡大表示]

 レクサスのブースにはフルラインアップがそろっているので、ファンでなくても各車のデザインをチェックするといい。フラッグシップクーペ「LC」や発売されたばかりの「LS」にも触れられるし、高性能シリーズ「F」の10周年記念モデル「RC F」と「GS F」の限定車を初披露している。RC FとGS Fの限定車は2018年春に発売される予定。

レクサス澤 良宏社長によるプレスカンファレンスで披露された「LS+ Concept」
[画像のクリックで拡大表示]
発売されたばかりのレクサス「LS」に触れられる
[画像のクリックで拡大表示]
高性能シリーズ「F」の10周年記念モデル、レクサス「RC F」
[画像のクリックで拡大表示]
レクサスのフラッグシップクーペ「LC」
[画像のクリックで拡大表示]