2013年6月、88年にわたる営業に幕を下ろした「松坂屋銀座店」。その跡地と隣接する街区で構成された約1.4ヘクタールが一体的に整備されて進められている「銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業」は、多くの注目を集めてきた。長い間、断片的な情報ばかりで明確な姿が見えなかったその巨大商業施設の全貌がついに明らかになった。

 J.フロント リテイリング、森ビル、L Real Estate、住友商事4社は、2016年10月26日の記者会見で、施設名称を「GINZA SIX(ギンザ シックス)」、開業日を2017年4月20日と発表。4社は共同出資により「GINZA SIXリテールマネジメント」を設立し、同施設を運営していく。

 ギンザ シックスという名称は、もちろん銀座六丁目というロケーションに由来するが、同時に「五感を超越した喜びや満足など新たな価値を提案する」「6つ星級の価値をもった施設である」ことを表現したという。コンセプトは「Life At Its Best 最高に満たされた暮らし」、ブランドスローガンは「Where Luxury Begins 世界が次に望むものを」。最高に満たされた暮らしを求める人々に向け、世界でここにしかない特別な場と仕掛けを創発し、新たな価値を世界にプレゼンテーションしていくという。

 改めて驚いたのは、その規模だ。敷地面積約9080平米、延床面積約14万8700平米は銀座エリア最大。中央通りに面した全長(間口)約115mに、6つのハイブランド(「ディオール」「セリーヌ」「サンローラン」「ヴァン クリーフ&アーペル」「ヴァレンティノ」「フェンディ」)が旗艦店として2~5層の大型メゾネット店舗を構える。それらを含めて旗艦店が122、総出店数は241(物販210、飲食24、サービス7)に上る。

 「これまで築き上げてきた百貨店のビジネスモデルは通用しなくなる。そうした状況を見据え、『百貨店はやらない』『百貨店を進化させるのではなく、まったく新しい商業施設を作る』という決断を下した」(松坂屋を運営するJ.フロント リテイリングの山本良一社長)。銀座のど真ん中に、いったいどんな巨大施設が誕生するのか。

2017年4月20日にオープンする「ギンザ シックス」(中央区銀座6丁目10番1号)。延床面積は約14万8700平米。地下6階、地上13階建て。営業時間は物販・サービスが10時半~20時半、飲食が11時~23時半(※一部店舗により異なる)
[画像のクリックで拡大表示]
基本設計と外観のデザインは谷口吉生氏(谷口建築設計研究所)が担当。ファサードは、「ひさし」と「のれん」をイメージしたという
[画像のクリックで拡大表示]
三原通りに面して、観光バス乗降所を設置。観光案内やチケット発券、外貨両替、免税、手荷物預かり、宅配、土産物販売なども扱うコンビニエンスストアなどを備えた「ツーリストサービスセンター」を設置。地下鉄「銀座駅」から施設まで直結する地下通路も整備。建物内に、歩車分離された貫通通路(あづま通り)と、中央通りと三原通りをつなぐ歩行者専用通路を整備する予定
[画像のクリックで拡大表示]
中央通りに面した全長(間口)約115mに、6つのハイブランドが旗艦店として2~5層の大型メゾネット店舗を構える
[画像のクリックで拡大表示]
屋上は、地域に開かれた約4000平米の屋上庭園「GINZA SIXガーデン」となる。シーズンに合わせたイベントの実施も予定
[画像のクリックで拡大表示]