2017年10月11日、高橋書店主催の「第21回手帳大賞」の発表と授賞式が東京・帝国ホテルで開催された。手帳大賞は「商品企画部門」と「名言・格言部門」の2部門があり、商品企画部門に谷口和信氏(神奈川県、会社員)の「PDCA手帳」、名言・格言部門では、浅沼元子氏(北海道、パート)の「人数もおかずのうちだね。」が大賞を受賞した。

「PDCA手帳」で商品企画部門大賞を受賞した谷口和信氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真真ん中が「人数もおかずのうちだね。」で名言・格言部門大賞を受賞した浅沼元子氏
[画像のクリックで拡大表示]

 谷口氏が提案するPDCA手帳は、仕事の進め方の基本といわれる「PDCAサイクル」を1冊の手帳で分かりやすく管理できる発展型レフト式手帳。PDCAとは、Plan(計画)、Do(行動)、Check(評価・確認)、Action(改善)の頭文字をとった言葉で、P→D→C→Aと巡り、Aからまた次の課題のPに進むというサイクルのこと。これを繰り返すことで継続的に物事を改善していくことが大切だという意味だ。

谷口氏は日ごろからPDCAを手帳に書き込んでいたという
[画像のクリックで拡大表示]

 PDCA手帳の内容は、ウイークリーページの左ページが1日分になっていて上下に分かれ、上段に予定、下段にその実際の行動を記入することで、予定と実際の行動がひと目で比較評価できるという仕組みになっている。さらに、ウイークリーページの右ページはメモ欄になっていて、この予定から見えてくる新たな課題を記入するようになっている。この課題を改善することで効率的な時間の使い方ができるという提案だ。見開きでPDCAがひと目で分かるうえに、記入欄にはグリッドラインが引いてあるので目的に合わせて紙面をカスタマイズできるようになっているという。

仕事上の計画や実際の行動、評価と確認、そして改善の項目を細分化、また自由に書き込めるスペースを設けた谷口氏考案のPDCA手帳
[画像のクリックで拡大表示]

 毎回、商品企画部門の大賞は商品化を前提としているので、今回受賞したPDCA手帳も今後商品化される予定だ。

 名言・格言部門は、日常のふとした会話の中で感心し、思わずメモしたくなった身近な人の名言・格言を募集するもの。今回は、大賞のほかに、5人が受賞した。

■審査員・泉麻人賞
「電池の切れ目が縁の切れ目」鈴木啓公氏

■審査員・椎名誠賞
「ぼくは、あさがおをきびしくそだてる!」藤瀬あづち氏

■審査員・黛まどか賞
「大きな仕事も小さなメモから」川野智弘氏

■優秀賞
「夫婦仲が良いのは耳が遠いおかげ」小野寺貴美子氏、「言葉発電」高橋拓矢氏

写真前列左から、谷口和信氏、藤瀬あづち氏、高橋拓矢氏、浅沼元子氏、小野寺貴美子氏、鈴木啓公氏、川野智弘氏。後列左から、高橋書店 日記事業部山中興記部長、黛まどか氏、高橋秀雄社長、椎名誠氏、泉麻人氏、東宏志取締役
[画像のクリックで拡大表示]