自分好みにカスタマイズできるボールペンが登場した。それがコクヨの「エラベルノ」だ。3種類の太さ(細め、標準、太め)、2色の軸(本体)、2種類のインク(油性、ゲル)、2種類の線の太さ(0.5mmと0.7mm)、4色のインク色(黒、赤、青、ブルーブラック。ブルーブラックはゲルインクのみ)を組み合わせて、自分好みのボールペンを作れる製品。その組み合わせは84通りになる。

コクヨ「エラベルノ」。2色3種類の軸(100円)と、4色2種類のゲルインクや3色2種類の低粘度油性インク(各100円)を組み合わせて購入するボールペンだ。全通り試せるように買っても2000円で済む
[画像のクリックで拡大表示]

 種類が多すぎて自分に最適な一本を見つけるのは大変そうだが、「そういうことはない」と、エラベルノの開発チームであるステーショナリー事業本部商品本部 開発グループの吉川将史氏は話す。

 「84種類から1つを選ぶとなると難しそうだが、好みに合わせて絞り込んでいくイメージ。例えば、まず軸を握ってもらって、3種類から選ぶ。続いて、油性かゲルインクかを選んで、線の太さを0.5mmと0.7mmから選ぶ。あとは、軸の色とインクの色を決めて出来上がり。もちろん、インクから決めて、軸を試しながら選ぶのもいい」

 今回、エラベルノを作るにあたって、「ボールペンの書き心地はインクやペン先だけで決まるものではなく、軸の太さや握り具合の影響も意外に大きい」と考えたと吉川氏は言う。また、開発途中で多くの人に試してもらったところ、握り方も人それぞれで、いわゆる“正しい握り方”というのはあるものの、多くの人はその人なりの握り方をしているということも分かったそうだ。

 「調べていくと、標準と太めの2種類のグリップがあれば、8割のユーザーをカバーできることが分かった。でも、さらに多くの人にぴったりの握り具合を実現するために細めを追加した」と、吉川氏と同じく開発グループの松下欣也氏は話す。

左から、エラベルノの開発チーム、ステーショナリー事業本部商品本部 開発グループの吉川将史氏、松下欣也氏。ステーショナリー事業本部商品本部 企画グループの飯田康平氏
[画像のクリックで拡大表示]

 エラベルノの軸は使ってみると分かるのだが、3種類の太さといっても太さが違うのはグリップ部分だけで、軸そのものは同じパーツが使われている。そして、グリップ部分が回転するようになっているのだ。これはモニターテストで得られた「さまざまな握られ方をしている」ことを踏まえたもの。全体は丸いけれど一部分だけ平たくなっているグリップは、通常、平たい部分がクリップと同じ方向、つまり一般的な正面を向いている。この平たい部分を左右にずらすことができるのだ。

軸はグリップの太さが3種類あり、それぞれ白と黒の2色を用意。グリップの太さだけでなく、平らになっている部分の形やグリップ自体の形状も微妙に違う
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、右利きの場合、平たい部分をクリップに向かって右側に動かすとちょうど親指が平たい面に当たる。この握り具合が良いという人がモニターでは一番多かったという。また、正面に平たい面を向け、そこに人さし指を当てて握る際にクリップに指が当たって邪魔になるという人もいる。その場合は、グリップを向かって左に動かせば、クリップが邪魔にならない。一応、グリップはその3カ所で止まるように作られているが、もちろん、ぐるりと360度回すこともできるから、好きな位置にグリップの平たい面を配置できる(もっとも、その場合、位置が固定されるわけではないから動いてしまう場合もあるので注意が必要)。

このように、グリップの一部が平らになっていて、どの指を掛けたいかでポジションを変えられるようになっている。写真は、親指が平面に当たるポジションにしたところ
[画像のクリックで拡大表示]
人さし指を平たい面に当てたときに、クリップが邪魔にならないようなポジションにも対応する
[画像のクリックで拡大表示]

 モニターテストでは、手が小さい女性が太いグリップを好むケースが多かったそうで、人の好みはそれぞれ。重要なのは、握ったときの気持ち良さではなく、書いたときにラクかどうかだ。持って気持ち良いことと、書いて気持ち良いことの違いも体験してほしい。

グリップの太さは、軸の側面に貼られたシールで確認できる。ピンクは太め、青は標準、紫は細めとシールの色が変えてあるので分かりやすい
[画像のクリックで拡大表示]